2018年6月1日

デザイン

VRのキャラクターデザイン秘話 (後半)

charadesign_2charadesign_2

目次

  1. はじめに
  2. 不特定多数の人にアンケート
  3. アンケートの内容を全て洗い出す
  4. キャラクターの3DCG化
  5. まとめ

はじめに

前回の記事、【VRのキャラクターデザイン秘話:前半】の続きです。

今回の記事では、作成したキャラクターのアンケート調査から寿司ぽっぷVRのデザイン完成までをお伝えします。

charadesign_2

『寿司ぽっぷVR』って?

360度の渋谷のスクランブル交差点にお寿司が降ってくる、スマホで遊べるVRゲームです。

真ん中に表示される視点カーソルを寿司に合わせて得点を稼ぐことができます。
3回 寿司が地面に落ちるとゲームオーバーです!(全部で4回落ちてきます)

『寿司ぽっぷVR』 (※スマホ閲覧、ブラウザは最新のChromeでの閲覧推奨)

https://webvr-lab.eishis.com/sushiPop/index.html

ogp

不特定多数の人にアンケート

design_img

上記のキャラクターを作成したので、次は他の人から意見をもらう工程です。
社内でアンケートをとっただけだと意見が偏ったり、制作者に対する色眼鏡もあると思うので、Facebook等のSNSを使って不特定多数の方にアンケートを行いました。

今回は『Google フォーム』というアンケートを作成、分析できる無料サービスを使用しました。

【Google フォーム】
https://www.google.com/intl/ja_jp/forms/about/

以下のリンクから実際に取ったアンケートの質問がご覧になれます。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdvTvgN4jjTboj2eDf_Y3saJrm1k0Pl-i2yuBJemB-m-NvaMw/viewform

アンケートの内容を全て洗い出す

前回は4種のキャラクターを作成して、その評価を不特定多数の方にアンケートをとりました。

survey_img

アンケートの「いいなと思ったキャラデザ」投票の結果、
A: 7票
B: 26票
C: 6票
D: 20票

と、BとDのキャラクターの人気が高いことがわかりました。
個人的には「英語の教科書に載りそうな」Aのキャラクターが気に入っていたので少し残念です。

そしてアンケートで得た意見やアドバイスを細かく、一枚の紙にまとめていきます。

キャラクターの3DCG化

とここで、「寿司ぽっぷをVRの中で使ったゲームを作ろう!」という話が社内で持ち上がりました。ゲームを作成する期限は1ヶ月ほど。

3DCGツールは専門学校時代に半年ほど学んでいたので(LightWave)、3DCGの記憶を掘り起こしつつ、無料で作れるBlenderをインストールして使い始めました。

(Blenderの詳細や使い方は、今後 他の記事で説明したりしていこうと思うので割愛)

早速ですが作成したものがこちらです↓
3d_img

アンケートの内容を反映しつつ、3Dでのモデリングのしやすさを重視して作成しました。

また、今回は「寿司が落ちてくる」というゲーム内容を考えると、やはり立った寿司のデザインだと分かりにくいと判断して立ち姿ではなく手足の生えたデフォルトの形を採用しました。

(↓渋谷スクランブル交差点に落ちてくる寿司ぽっぷの群れ)
game_img

ただ「印象に残りにくいので何かに特化した絵柄やキャラの個性が出るほうが良い」という意見も多数いただいているので、これは今後の課題です。

キャラクターデザイン自体は上記の工程で一旦終了ですが、
VRゲームの中で使われるUI部分も上記と同じように

「ゲームの概要・仕様決め」→「資料集め」→「ラフを作成」→「デザイン作成」→「社内で確認」

という手順で作成しています。
ui_sketch

ui_img

ui_img

まとめ

今回は前半・後半の2記事に分けて「寿司ぽっぷVRのキャラクターデザイン秘話」についてお話ししてきました。

ざっくりとした説明ではありましたが、キャラクターを作る際の参考や面白いと思っていただけたら幸いです。

また、弊社では「寿司ぽっぷVR」以外にもWebVRやWebARのコンテンツ制作を行なっています。制作物等は以下のサイトで随時更新していきますので、ぜひチェックしてみて下さい。

【eishis WebVR Lab】
https://webvr-lab.eishis.com/

eishis_webvr_lab

0

0

AUTHOR

しまだ

しまだ デザイナー

WebAR/VRのデザインと3DCG制作がメインです。 肩書きは「アニメ案件に関わりたいデザイナー」。

アプリでもっと便利に!気になる記事をチェック!

記事のお気に入り登録やランキングが表示される昨日に対応!毎日の情報収集や調べ物にもっと身近なメディアになりました。

palanでは一緒に働く仲間を募集しています

正社員や業務委託、アルバイトやインターンなど雇用形態にこだわらず、
ベテランの方から業界未経験の方まで様々なかたのお力をお借りしたいと考えております。

話を聞いてみたい

運営メンバー

eishis

Eishi Saito 総務

SIerやスタートアップ、フリーランスを経て2016年11月にeishis, Inc.を設立。 マーケター・ディレクター・エンジニアなど何でも屋。 COBOLからReactまで色んなことやります。

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

しまだ

しまだ デザイナー

WebAR/VRのデザインと3DCG制作がメインです。 肩書きは「アニメ案件に関わりたいデザイナー」。

Miu マーケター

ドイツでWEBマーケティングしています。

しんのき エンジニア

主に React Native を使ったアプリ開発と AWS や Firebase を使ったサーバーレスアーキテクチャを担当しています。元々はインフラとかPHPをやっていました。

yamakawa

やまかわたかし デザイナー

フロントエンドデザイナー。デザインからHTML / CSS、JSの実装を担当しています。最近はReact NativeやReact360をよく触っています。

furuya エンジニア

サーバーサイド、フロントエンド、Unityと色々手を出してる雑食系エンジニア。ReactNativeが最近のマイブーム。

Sayaka Osanai デザイナー

Sketchだいすきプロダクトデザイナー。シンプルだけどちょっとかわいいデザインが得意。 好きな食べものは生ハムとお寿司とカレーです。

はらた

はらた エンジニア

サーバーサイドエンジニア Ruby on Railsを使った開発を行なっています

うえまつゆい エンジニア

サーバーサイドエンジニアからフロントエンドエンジニアになりました。主にReact Nativeでのアプリ開発をしています。

kobori

こぼり ともろう エンジニア

サーバーサイドエンジニア。SIerを経て2019年7月に入社。日々学習しながらRuby on Railsを使った開発を行っています。

sasai

ささい エンジニア

フロントエンドエンジニア WebGLとReactが強みと言えるように頑張ってます。

damien

Damien

WebAR/VRを中心に企画やディレクションやエンジニアもちょっとやっています。森に住んでいます。

デザイナーゲスト

ゲスト デザイナー

CONTACT PAGE TOP