1. ホーム
  2. React Native
  3. bageleeアプリを支える技術

bageleeアプリを支える技術

目次

  1. はじめに
  2. React Nativeとライブラリについて
  3. REST APIを使った記事取得
  4. まとめ

はじめに

bageleeアプリを支える技術

 

bageleeがiOS/Android向けアプリになりました!
アプリ版bageleeの開発はReact Nativeを使って、クロスプラットフォームで行われています。今回はこのアプリを支える技術について紹介していきます!

詳細はこちらです!

React Nativeとライブラリについて

React Nativeを使ったアプリ開発を行う際には、オープンソースのライブラリを正しく選択し使うことが重要になります。アプリ版bageleeも複数のライブラリを使用していますが、そのうちでも特に導入すると効果の高いものをご紹介します。

react-navigation

GitHubリポジトリ
公式サイト

ナビゲーション(画面遷移)を実装するライブラリです。実用的なアプリではナビゲーションはほぼ必須ですので、ほとんどの場合何かしらのナビゲーションライブラリを導入することになります。React Nativeの公式のドキュメントにも紹介されていますが、複数ある中でもreact-navigationはスタンダードなライブラリという位置付けです。

アプリ版bageleeでは、StackNavigatorによる画面遷移とTabNavigatorによるタブ切り替えを組み合わせて使っています。

react-navigation

react-native-vector-icons

GitHubリポジトリ

React Naviteアプリ内でFont AwesomeやIoniconsなどのアイコンフォントを使えるようにするライブラリです。アイコンフォントを使うと画像ファイルを個別に用意する必要がなくなるため、特に開発初期において開発スピードが向上することが期待されます。

react-native-vector-icons

react-native-firebase

GitHubリポジトリ
公式サイト

Googleが提供するアプリ用プラットフォームのFirebaseをReact Nativeアプリでも使えるようにするライブラリです。アプリ版bageleeでは今のところプッシュ通知にFirebaseを利用していますが、他にも無料で使える便利な機能が様々ありますので、今後の記事でも紹介していく予定です。

REST APIを使った記事取得

bageleeはWordPressを使っているので、WordPressのREST APIを使うことで、サーバーサイドの追加実装はほとんど行わずにアプリ側から記事情報が取得できました。

REST APIについては公式ドキュメントのほか、こちらの記事も参考にしてください。
RailsからWordPressの記事一覧をREST APIで取得する

閲覧数はWP-PostViewsというプラグインを使っていますので、REST APIの結果に閲覧数フィールドを追加するためのWordPressプラグインは独自に作成する必要がありました。

まとめ

通常のアプリ開発ではiOS、Android、サーバーサイドとそれぞれ別々に実装が必要ですが、アプリ版bageleeではReact NativeとWordPress REST APIを活用することで開発を初めてから短期間でリリースすることができました。

bageleeではますますおいしいデザイン・プログラミング情報をお届けする予定ですので、今までのWeb版と合わせてアプリ版もよろしくお願いします!
ぜひこちらからインストールしてみてください。
 

Author Profile

しんのき
新しい技術が好きなWebエンジニアです。

元々インフラやPHPをやっていたのですが、最近はReact NativeとFirebaseを使って頑張ってます。

この記事は
参考になりましたか?

PAGE TOP