1. ホーム
  2. React Native
  3. React Navigationを使ってみる【これからはじめるReact Native】

React Navigationを使ってみる【これからはじめるReact Native】

目次

  1. はじめに
  2. React Navigationを使ってみる
  3. まとめ

はじめに

今まで、この「これからはじめるReact Native」シリーズでは、様々なコンポーネントをご紹介してきました。
全てReact Nativeの公式コンポーネントでしたが、今回は外部ライブラリでナビゲータ機能を持つReact Navigationをご紹介します。

では、そもそもナビゲータとはどのような機能でしょうか。
多くのアプリは1つの画面だけで構成されているわけではありません。
例えば設定画面、またプロフィールの入力画面、記事の一覧画面、記事の詳細画面、といった具合に複数の画面で構成されています。

そういったアプリについて、どの画面からどの画面に遷移させるか、といったハンドリングを行う機能をナビゲータと呼びます

先述の通り、今回はReact Navigationというライブラリを使用していきます。

POINT!!

React、またReact Native界隈で議論を呼ぶのが、「ナビゲーションのライブラリで何を使うか」です。
react-native-navigationreact-native-router-fluxなど有名なライブラリがあります。現在は、公式のリファレンスでもreact-navigationが「これを使うと良いよ!」と紹介されていることもあり、今からはじめる方はreact-navigationをおすすめします。

React Navigationを使ってみる

では、React Navigationを使ってみましょう。
通常のReact Nativeアプリ開発においては、package.jsonに記載し、npm installでnode moduleをインストールする必要があります。
今回はExpoを使用し、またExpoがReact Navigationをサポートしていることもありますのでそちらを使用していきます。

今回開発するアプリはこのようなアプリです。

アプリのイメージ

では、いつものようにSnack Expoで開いていきます。

 

 

コードの解説

import { StackNavigator } from 'react-navigation'; // 1.0.0-beta.27

こちらでStack Navigator をインポートしています。
Stack Navigatorは画面(スクリーンとここでは呼びます)に重なるように次のスクリーンが表示される動きをします。
React Navigationにおいては~screenが画面毎に作られる、と考えていただくと良いです。

class HomeScreen extends React.Component {
render() {
return (
<View style={{ flex: 1, alignItems: 'center', justifyContent: 'center' }}>
<Text>ホームページ</Text>
<Button
title="詳細ページへ"
onPress={() => this.props.navigation.navigate('Details')}
/>
</View>
);
}
}

では、次にHomeScreen のクラスの定義について未定きます。
this.props.navigation.navigate('Details') こちらは少し長いですが、Details にナビゲーションしてね、という処理です。
onPress、つまりこのボタンが押されたらDetails(後ほどscreenの定義があります)にナビゲーションします。

class DetailsScreen extends React.Component {
render() {
return (
<View style={{ flex: 1, alignItems: 'center', justifyContent: 'center' }}>
<Text>詳細ページ</Text>
</View>
);
}
}

次にDetailsScreen を定義していきます。
コンポーネントの設計については会社や人ごとにルールは異なりますが、screen毎にコンポーネントを作るほうがわかりやすいと思います。
今回はサンプルとして同一ファイルに複数のscreenを作っています。
内容としては難しい点はありませんね。Details画面を表示しています。

const RootStack = StackNavigator(
{
Home: {
screen: HomeScreen,
},
Details: {
screen: DetailsScreen,
},
},
{
initialRouteName: 'Home',
}
);

ここは少しわかりづらいかもしれません。
StackNavigatorの引数として、まずscreen名とそのscreenのクラスを紐付けています。
今回はHomeDetailsを定義しています。

そして2つ目の引数ですが、initialRouteNameHomeに設定しています。
こちらは名前の通りですが、初期ルート名(初期スクリーン名)、つまり開いた時点で表示すべきscreenを指定しています。
今回のテーマはHomeのscreenを初期スクリーン名にしていますが、当然こちらをDetailsにしていれば詳細画面が初期画面になります。

export default class App extends React.Component {
render() {
return <RootStack />;
}
}

最後、このApp.jsの出力としてでは、先程screenを定義したStackNavigatorの変数であるRootStack を返り値としています。

流れの振返り

では、今回も流れを振り返ってみましょう。

  1. 変数RootStackにscreenの設定や初期スクリーンの設定を格納し、App.jsの返り値とする
  2. ホームページのButtonがクリックされる
  3. navigate メソッドでDetailsが指定され、DetailsScreenが表示される

まとめ

ナビゲーションはアプリ開発において、非常に大事なポイントです。
ですが、画面を跨ぐ為の処理は少し複雑なことになることも多く、難しい処理でもあります。
React Nativeの公式もサポートするReact Navigationですが、まだ不安定な部分もたまに発生します。
これからも様々なナビゲーションライブラリは出てくるかと思うので、公式のリファレンスや更新情報には注目するようにしてみましょう。

Author Profile

eishis
eishis
SIerやスタートアップ、フリーランスを経て2016年11月にeishis, Inc.を設立。
マーケター・ディレクター・エンジニアなど何でも屋。
COBOLからReactまで色んなことやります。

この記事は
参考になりましたか?

PAGE TOP