2018年6月5日

デザイン

UXポートフォリオを作ろう!uxfolio

目次

  1. はじめに
  2. uxfolioとは
  3. デモ
  4. 値段
  5. 使い方
  6. まとめ

はじめに

今日はUXのポートフォリオ作りに使えるサイト、uxfolioをご紹介します!

ポートフォリオが作れるサイトはたくさんありますが、こちらのサイトはデザインができるまでの過程を分かりやすくすることに焦点を当ててくれているので、単純なデザインとしてのポートフォリオではなく、UXデザイナーとしてのポートフォリオを作りたい方におすすめです。

この記事ではuxfolioでどのようなサイトが作れるのか、どのようなプランがあるのか、実際の使い方などをご紹介します。

また、ベーグリーでは幅広いデザインツールを機能ごとに比較してくれるサイト、uxtools.coもご紹介しています。
ぜひご覧ください。
【ツール】もうデザインツール比較には困らない!Uxtools.co

uxfolioとは

近年、UXが企業に浸透するにつれ、デザイナーに求められるものは美しい成果物だけではありません。

どのようにそのデザインにたどり着いたのか、どういった過程でそのデザインに至ったのかを考える力、またプレゼンする力も求められるようになってきました。

例えば、どのような課題があったのか、どのようにその課題に取り掛かったのか、どのような成果物ができたのか、またそのプロジェクトを通して何を学んだのかなどまとめる能力が問われています。

また、デザイナーの採用基準にもこのような能力が求められてきています。

つまり、デザイナーの採用において大切な役割を果たすポートフォリオ。
こちらも、ただ作ったものを見せるポートフォリオよりも作ったものに対してストーリーが語れるポートフォリオが必要とされてきています。

そんなポートフォリオを作るためにできたサイトがuxfolioです。

uxfolioではデザインを作る際に:

  • どのような過程を踏んだのか
  • どのような課題があったのか
  • どのようなプロトタイプやテストを行ったのか
  • どのような結果がでたのか

こういったことを分かりやすいサイトとしてまとめることができるポートフォリオを作ることができます。

uxfolioでは、いくつか質問などを用意してくれており、それに答えることでUXとしても魅せられるポートフォリオが実現できます。

また、画像を入れるだけでモックアップを作る機能などもついています。

公式アカウント:
Facebook: UXfolio
Twitter: UXfolio
LinkedIn: UXfolio
Tumblr: UXfolio

デモ

では、実際にuxfolioを使って作られたサイトを見てみます。



Copa America – The Official App



Opta Sports Widgets



Société Store

このように現在では3つのデモが公開されています。
中身を見ていただくと、以前のデザインと新しいデザインを比べるレイアウトやアプリの画像を並べるレイアウト、文字をすっきりと読ませるレイアウト、ビデオを使ったレイアウトなど使いやすいレイアウトがいくつも載っています。

さらに、内容としてもUXデザイナーであればポートフォリオに載せるべき内容がたくさん載っており、非常に参考になります。

値段

次に、uxfolioを使った場合の値段です。

無料プランもあるので、とりあえず試してみたい方にはこちらがおすすめです。
ただしプロジェクトは1つまでしか作れませんのでご注意ください。

スタンダードプランになると、フォントがいくつか使えるようになるほか、プロジェクトが無限に使えるようになるみたいです。
月額$9(USD)ですね。

ほかにもプレミアムプランというものもあるみたいなので必要に応じたプランを選んでください。

使い方

最後に簡単に使い方をご紹介します。

サインアップ

まずはサインアップしていきます。

GoogleやFacebookなどとも連携できるみたいなので、面倒な方はこちらから登録しても良いかもしれないです。

テンプレを選ぶ

利用規約に同意すると、このような画面ができます。

このようにどのようなステップを踏んだデザインプロセスだったのかを少なくとも3つ選びます。
“blank project”つまり白紙のプロジェクトからスタートすることもできますが、最初はイメージをわかせるために、いくつか選んでおいたほうが良さそうです。

テンプレの内容をカスタマイズする

このようなページが出てきたので、好きに自分の内容に変更していきます。

内容を入れるところに関しても、ある程度プレースホルダーで質問が書いてあるので、それに答えればある程度のものはできそうです。

テキストアイディア

それでも、アイディアがわかない!という方は、「text ideas」というところからさらにアイディアやフォーマットを取ってくることができます。

モックアップ作成機能

また、画像はワンクリックでモックアップにすることができます。
これは便利ですね!

セクション追加

途中でセクションを追加するときのUIはこんな感じです。
基本セクションとアイディアセクションとでグループ分けもされているようです。

公開

サイトができたら、最後にpublishを押して公開することができます。

サムネールを設定し、公開完了です!

できたもの

テキストは当て字ですが、10-15分ほどでこのようなものができました。

実際のサイトをご覧になりたい方はこちらからどうぞ。

アイキャッチメーカー | uxfolio

まとめ

以上、今日はデザインができるまでの過程を分かりやすくすることに焦点を当ててくれているポートフォリオ作りのサイト、uxfolioをご紹介しました。

実際に使ってみましたが、直感的なUIで使いやすく、とても簡単にテストサイトを作ることができました!

ちょっとした機会に試してみたり、使ってみたりしてはいかがでしょうか?

UXのお仕事に関するご相談

Bageleeの運営会社、palanではUXに関するお仕事のご相談を無料で承っております。
zoomなどのオンラインミーティング、お電話、貴社への訪問、いずれも可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。

無料相談フォームへ

1

0

AUTHOR

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

アプリでもっと便利に!気になる記事をチェック!

記事のお気に入り登録やランキングが表示される昨日に対応!毎日の情報収集や調べ物にもっと身近なメディアになりました。

簡単に自分で作れるWebAR

「palanAR」はオンラインで簡単に作れるWebAR作成ツールです。WebARとはアプリを使用せずに、Webサイト上でARを体験できる新しい技術です。

palanARへ
palanar

palanはWebARの開発を
行っています

弊社では企画からサービスの公開終了まで一緒に関わらせていただきます。 企画からシステム開発、3DCG、デザインまで一貫して承ります。

webar_waterpark

palanでは一緒に働く仲間を募集しています

正社員や業務委託、アルバイトやインターンなど雇用形態にこだわらず、
ベテランの方から業界未経験の方まで様々なかたのお力をお借りしたいと考えております。

話を聞いてみたい

運営メンバー

eishis

Eishi Saito 総務

SIerやスタートアップ、フリーランスを経て2016年11月にpalan(旧eishis)を設立。 マーケター・ディレクター・エンジニアなど何でも屋。 COBOLからReactまで色んなことやります。

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

yamakawa

やまかわたかし デザイナー

フロントエンドデザイナー。デザインからHTML / CSS、JSの実装を担当しています。最近はReactやReact Nativeをよく触っています。

Sayaka Osanai デザイナー

Sketchだいすきプロダクトデザイナー。シンプルだけどちょっとかわいいデザインが得意。 好きな食べものは生ハムとお寿司とカレーです。

はらた

はらた エンジニア

サーバーサイドエンジニア Ruby on Railsを使った開発を行なっています

kobori

こぼり ともろう エンジニア

サーバーサイドエンジニア。SIerを経て2019年7月に入社。日々学習しながらRuby on Railsを使った開発を行っています。

sasai

ささい エンジニア

フロントエンドエンジニア WebGLとReactが強みと言えるように頑張ってます。

damien

Damien

WebAR/VRの企画・開発をやっています。森に住んでいます。

ゲスト bagelee

ゲスト bagelee

かっきー

かっきー

まりな

まりな

suzuki

suzuki

miyagi

ogawa

ogawa

雑食デザイナー。UI/UXデザインやコーディング、時々フロントエンドやってます。最近はARも。

いわもと

いわもと

デザイナーをしています。 好きな食べ物はラーメンです。

kobari

taishi kobari

フロントエンドの開発を主に担当してます。Blitz.js好きです。

shogokubota

kubota shogo

サーバーサイドエンジニア。Ruby on Railsを使った開発を行いつつ月500kmほど走っています!

nishi tomoya

aihara

aihara

グラフィックデザイナーから、フロントエンドエンジニアになりました。最近はWebAR/VRの開発や、Blender、Unityを触っています。モノづくりとワンコが好きです。

nagao

SIerを経てアプリのエンジニアに。xR業界に興味があり、unityを使って開発をしたりしています。

kainuma

Kainuma

サーバーサイドエンジニア Ruby on Railsを使った開発を行なっています

sugimoto

sugimoto

asama

ando

CONTACT PAGE TOP