2018年6月18日

デザイン

プログレスバーを簡単に実装できるprogressbar.js

目次

  1. はじめに
  2. progressbar.jsとは
  3. デモ
  4. 使い方
  5. まとめ

はじめに

本記事では、プログレスバーを簡単に実装できるprogressbar.jsをご紹介します。

こちらのライブラリは以前からありますが、ちょこちょこアップデートされているので改めてどんなことができるのか、どういった特徴があるのかなどを振り返っていきたいと思います。

また、bageleeでは以前画像に簡単にアニメーションをつけるライブラリもご紹介してますので、ぜひご覧ください。
画像に簡単にアニメーションをつけるcurtain.js

progressbar.jsとは

progressbar.jsは簡単にスタイリッシュでレスポンシブ対応をしているプログレスバーをSVGパスで作れることができるライブラリです。

モバイルデバイスでもアニメーションが崩れることなく綺麗に表示されるだけでなく、線のバー、丸のバー、半円のバーなどシェイプにも種類がいくつかあり、さらにカスタムでシェイプを作ることもできます。

こちらの公式サイトもアップデートされています。

progressbar.jsのGithubリポジトリ

Github上にコードが公開されています。

kimmobrunfeldt/progressbar.js

Open Sourceのプロジェクトなので自由にIssueやPull Requestを出すことができます。

デモ

progressbar.jsでできることは下記デモで見ることができます。

シンプルなプログレスバーができるのはもちろん、パーセント表示を出したり、色で変化を出したり、アニメーションに変化をつけたりいろんなことができます。

progressbar.jsのデモ

こちらの他にもファイルのアップロード時のプログレスバーのデモもあります。

ファイルのアップロード時のプログレスバーのデモ

また、パスワードの強度を視覚的に見せるデモもあります。

パスワードの強化のプログレスバーのデモ

使い方

では、実際にprogressbar.jsに使い方をご紹介します。

インストール方

インストール方法は大きく3つあります。

Npm:

npm install progressbar.js

Bower:

bower install progressbar.js

手動:
dist/progressbar.jsもしくはdist/progressbar.min.jsを入れる

scriptタグなどで直接読み込むこともできます

<script src="https://rawgit.com/kimmobrunfeldt/progressbar.js/master/dist/progressbar.js"></script>
<script src="https://rawgit.com/kimmobrunfeldt/progressbar.js/master/dist/progressbar.min.js"></script>

ベーシックなプログレスバーを作る

HTML

こちらはとても簡単でプログレスバーを入れたいdivにIDをふるだけです。

<div id="container"></div>

CSS

必要なスタイルを当てます。

#container {
  margin: 20px;
  width: 400px;
  height: 8px;
}

JavaScript

ベーシックなプログレスバーを呼び出します。

var bar = new ProgressBar.Line(container, {
  strokeWidth: 4,
  easing: 'easeInOut',
  duration: 1400,
  color: '#FFEA82',
  trailColor: '#eee',
  trailWidth: 1,
  svgStyle: {width: '100%', height: '100%'}
});

bar.animate(1.0); 

デモ

コードをrerunすると動いているプログレスバーが見れますt

See the Pen wXPXWY by Ayaka Sasaki (@ayausaspirit) on CodePen.

もう少し凝ったプログレスバーを作る

HTML

前回と同様containerを用意します。

<div class="rotating progress" id="progress"></div>

CSS

ベーシックなスタイルに加えて、円をくるくると回すアニメーション、rotatingを作ってかけています。
ベンダープレフィックスは省略してますので、必要に応じてかけてあげてください。

.progress {
    height: 80px;
    width: 80px;
    margin: 50px auto;
}
.progress > svg {
    height: 100%;
    display: block;
}
@keyframes rotating {
  from {
    transform: rotate(0deg);
  }
  to {
    transform: rotate(360deg);
  }
}
.rotating {
  animation: rotating 2s linear infinite;
  transform-origin: 50% 50%;
}

JavaScript

先ほどと同様ベーシックなプログレスバー(今回の場合はcircle)を呼び出し、x秒ごとにanimateメソッドでプログレスを増やしています。

window.onload = function onLoad() {
    var circle = new ProgressBar.Circle('#progress', {
        color: '#555',
        trailColor: '#eee',
        strokeWidth: 10,
        duration: 2500,
        easing: 'easeInOut'
    });

    circle.set(0.05);

    setTimeout(function() {
        circle.animate(0.3);
    }, 1000);

    setTimeout(function() {
        circle.animate(0.4);
    }, 3500);

    setTimeout(function() {
        circle.animate(0.8);
    }, 5500);

    setTimeout(function() {
        circle.animate(1);
    }, 8000);
};

デモ

コードをrerunすると動いているプログレスバーが見れます

See the Pen mKqKRx by Ayaka Sasaki (@ayausaspirit) on CodePen.

ドキュメンテーション

progressbar.jsの詳しいドキュメンテーションはこちらのprogressbar.js documentationをご覧ください。

まとめ

以上、今回はプログレスバーを簡単に実装できるprogressbar.jsをご紹介しました。

シンプルなものから少し凝ったものまで応用次第でいろいろなことに使えます。

また、SVGを使って実装しているのでCSSとも相性がよく、レスポンシブ対応もしているのでスマホ時の表示も少し調整するだけでクリアすることができます。

JavaScriptのお仕事に関するご相談

Bageleeの運営会社、palanではJavaScriptに関するお仕事のご相談を無料で承っております。
zoomなどのオンラインミーティング、お電話、貴社への訪問、いずれも可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。

無料相談フォームへ

3

0

AUTHOR

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

アプリでもっと便利に!気になる記事をチェック!

記事のお気に入り登録やランキングが表示される昨日に対応!毎日の情報収集や調べ物にもっと身近なメディアになりました。

簡単に自分で作れるWebAR

「palanAR」はオンラインで簡単に作れるWebAR作成ツールです。WebARとはアプリを使用せずに、Webサイト上でARを体験できる新しい技術です。

palanARへ
palanar

palanはWebARの開発を
行っています

弊社では企画からサービスの公開終了まで一緒に関わらせていただきます。 企画からシステム開発、3DCG、デザインまで一貫して承ります。

webar_waterpark

palanでは一緒に働く仲間を募集しています

正社員や業務委託、アルバイトやインターンなど雇用形態にこだわらず、
ベテランの方から業界未経験の方まで様々なかたのお力をお借りしたいと考えております。

話を聞いてみたい

運営メンバー

eishis

Eishi Saito 総務

SIerやスタートアップ、フリーランスを経て2016年11月にeishis, Inc.を設立。 マーケター・ディレクター・エンジニアなど何でも屋。 COBOLからReactまで色んなことやります。

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

しまだ

しまだ デザイナー

WebAR/VRのデザインと3DCG制作がメインです。 肩書きは「アニメ案件に関わりたいデザイナー」。

Miu マーケター

ドイツでWEBマーケティングしています。

しんのき エンジニア

主に React Native を使ったアプリ開発と AWS や Firebase を使ったサーバーレスアーキテクチャを担当しています。元々はインフラとかPHPをやっていました。

yamakawa

やまかわたかし デザイナー

フロントエンドデザイナー。デザインからHTML / CSS、JSの実装を担当しています。最近はReact NativeやReact360をよく触っています。

furuya エンジニア

サーバーサイド、フロントエンド、Unityと色々手を出してる雑食系エンジニア。ReactNativeが最近のマイブーム。

Sayaka Osanai デザイナー

Sketchだいすきプロダクトデザイナー。シンプルだけどちょっとかわいいデザインが得意。 好きな食べものは生ハムとお寿司とカレーです。

はらた

はらた エンジニア

サーバーサイドエンジニア Ruby on Railsを使った開発を行なっています

うえまつゆい エンジニア

サーバーサイドエンジニアからフロントエンドエンジニアになりました。主にReact Nativeでのアプリ開発をしています。

kobori

こぼり ともろう エンジニア

サーバーサイドエンジニア。SIerを経て2019年7月に入社。日々学習しながらRuby on Railsを使った開発を行っています。

sasai

ささい エンジニア

フロントエンドエンジニア WebGLとReactが強みと言えるように頑張ってます。

damien

Damien

WebAR/VRを中心に企画やディレクションやエンジニアもちょっとやっています。森に住んでいます。

デザイナーゲスト

ゲスト デザイナー

CONTACT PAGE TOP