1. ホーム
  2. デザイン
  3. Webデザインの参考にしたいサイトギャラリー集まとめ

Webデザインの参考にしたいサイトギャラリー集まとめ

目次

  1. はじめに
  2. ギャラリーサイトまとめ
  3. ランディングページ(LP)編
  4. その他
  5. まとめ

はじめに

今日はWebデザイン作る際に大活躍するサイトギャラリー集をまとめてご紹介します。

色別に見れるもの、パート別に見れるもの、ランディングページに特化したものなど種類は様々ですが、一挙紹介します。

国内のギャラリーサイト

muuuuu.org

とにかくサイトギャラリーで外せないのが、こちらですよね。
色ごとに分けてくれたり、サイトの種類ごとに分けてくれたり、デザインごとに分けてくれたり、業界ごとに分けてくれたりカテゴリ分けがとても便利なのはもちろんですが、サイトのラインアップが豊富なのでとりあえず参考サイト探しと行ったらmuuuuuu.orgに行く!という方も多いのではないでしょうか?

muuuuuu.org

イケサイ | ウェブデザイナーののWEBデザインデータベース

こちらも非常に有名なギャラリーサイトです。
こちらもmuuuuu.orgと同様に、カテゴリ、配色ごとに分けてくれたり、ピックアップのサイトを挙げてくれていたり自分が探したいサイトに近いものを早く見つけられるように工夫されています。

ikesai.com

straightline bookmark

こちらは国内のサイトを主に扱っていますが、海外のサイトも扱っているデザインギャラリーです。
一見カテゴリ分けができないように見えますが、tag listというところをクリックすると、色、サイトのジャンル、言語、使用技術(言語)やレイアウトから探すことができます。

straightline bookmark

I/O 3000

次にご紹介するのはI/O 3000 というギャラリーサイトです。
こちらもサイトのジャンルと色によってカテゴリ分けされていて、頻繁に更新されています。

I/O 3000

bookma!

bookma!も国内のサイトを軸として、海外のサイトも紹介しているサイトギャラリーです。
リージョン、カラー、バックグランドカラー、テイスト、カテゴリーなどでサイトをフィルターできます。

また、新しい順、古い順だけでなく閲覧数順で見ることもできるので、人気のサイトがわかりやすいです。

bookma!

S5-Style

S5-Styleもサイト数がかなり多いギャラリーサイトです。
使っている技術 (CSS, HTML5, JavaScript, WebGL, イラストレーションなど)によってかなり細かくサイトを探すことができたりします。

また、設定によって表示する項目や、サイト自体の背景色を変更したり、長く使うユーザーにとっては嬉しい配慮があります。

サービスの種類、クリエイティブの種類、配色、使用技術、サイトの種類によってサイトをフィルターできます。

S5-Style

Responsive Web Design JP

レスポンシブサイトに絞ってサイトを集めているギャラリーサイト。一目でそれぞれのサイズでのデザインがわかるので、レスポンシブに焦点を当ててデザインを探したい時にはとても便利です。

Responsive Web Design JP

サイトウケ

「ウケの良いサイト集」のサイトウケ、というユニークな名前のギャラリーサイト。

カテゴリやタグごとにサイトをフィルターしてくれます。
サイト自体の作りもシンプルで吹き出しのアクセントが可愛いです。

サイトウケ

ランディングページ(LP)編

次にランディングページに特化したギャラリーサイトをご紹介します。

ランディングページ集めました。

シンプルに色と業種別にフィルターしてランディングページを見ることができます。

サイトをクリックしたらすぐに元サイトに飛ぶので、余計なページを挟みたくない方にはおすすめです。

ランディングページ集めました。

LP アーカイブ

色、カテゴリ、イメージによってランディングページをフィルターできるサイトギャラリーです。登録されているデザインの数がとても多いです。

また、スマホバージョンのデザインを見るかPCバージョンのデザインを見るか選べます。

LP アーカイブ

WebDesignClip [L]

サイトのメインカラー、サブカラー、サイトのカテゴリ、サイトに入っているパーツやテイストによってフィルターができます。

サイト自体が非常にシンプルで、LPのデザインが見えやすいです。

WebDesignClip [L]

まとめ

以上、今日はWebデザイン作る際に大活躍するサイトギャラリー集をまとめてご紹介しました。

今回は国内の物をご紹介しましたが、次回海外版をご紹介しますので、楽しみにしていてください。

この記事は
参考になりましたか?

PAGE TOP