2021年12月6日

デザイン

Reality Composerのオブジェクトトラッキングで、スノードームを作ってみる!

OGPOGP

目次

  1. はじめに
  2. 「Reality Composer」とは?
  3. 実践編:スノードームを作ってみる!
  4. まとめ
この記事は新しい技術にチャレンジし続けるpalanのアドベントカレンダーDay6の記事です! 昨日は「【CSS】CSSだけでアコーディオンを作る方法」についての記事でした。
【CSS】CSSだけでアコーディオンを作る方法

はじめに

今回は、Reality Composerのオブジェクトトラッキングでスノードームを作る方法について紹介していきます!

「Reality Composer」とは?

「Reality Composer」は Apple社開発の、 3Dの制作経験がなくても、インタラクティブな拡張現実体験を手軽に創り出せるパワフルなツールです。 今回はmac版iOS版のReality Composerを使ってARを作成していきます! 補足: Rearity composerで使用する3Dのフォーマットは「USDZ」になります。今回の記事では割愛しますが、 「USDZ」についての説明、ファイルのコンバート作業のため使用する「Reality converter」の操作方法については過去記事のこちらをご覧ください!

実践編:スノードームを作ってみる!

ここからは実際に作っていきたいと思います!

手順

  • オブジェクトラッキングのマーカーとして使いたい物をiOS版「Reality Composer」で取り込む
  • 使いたいモデルの読み込み・配置
  • 「ビヘイビア」でアニメーション・音楽をつけて仕上げ
オブジェクトラッキングのマーカーとして使いたい物をiOS版「Reality Composer」で取り込む
iOS版のReality Composerを起動して、右上から「新規プロジェクト」を追加します。 img1.png (47.2 kB) 「アンカーを選択」の画面から「オブジェクト」を選択します。 img2.png (98.6 kB) 右上のプロパティのタブから「ARオブジェクトアセット」を選択し、次の画面で「スキャン」を選択します。 ガイドに沿って、オブジェクトの周りを移動しながらキャプチャーしていきます。 ここまでできたら、「.rcproject」をmacに転送します。 ここからはmac版Reality Composerでも作業になります。 念の為名称を「新規project」から「Snow Dome」に変更して保存しました。
使いたいモデルの読み込み・配置
img3.png (128.2 kB) 右上の「追加」からUSDZを読み込みます。
「ビヘイビア」でアニメーション・音楽をつけて仕上げ
img5.png (263.1 kB) 右上の「ビヘイビア」から、モデルの動きを設定します。 img4.png (114.9 kB) 今回は、「トリガ」を「シーンの開始時」として、USDZモデルのアニメーションと、音楽を設定しました。 最後にトラッキングしたいオブジェクトに合わせたサイズ・位置の調整をして、左上の「書き出し」から「.reality」ファイルとしてエクスポートします。 書き出した「.reality」ファイルをiphoneに共有すると、ファイルに保存されるので、そこから確認することができます。完成版がこちらです!

まとめ

今回は、「Reality Composer」のオブジェクトトラッキングについての紹介でした! アンカーを「オブジェクト」にしたままUSDZでの書き出しは現状できないので、アンカーを平面認識にしたものを自社の「palan3D」(3D管理&webAR体験ができるサービス)にアップしてみました。よかったらスマホからみてみてください!(注:音が流れます) URL:https://palan3d.com/projects/palan3d_test/items/Snowdome

3DCGのお仕事に関するご相談

Bageleeの運営会社、palanでは3DCGに関するお仕事のご相談を無料で承っております。
zoomなどのオンラインミーティング、お電話、貴社への訪問、いずれも可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。

無料相談フォームへ

0

0

AUTHOR

miyagi

アプリでもっと便利に!気になる記事をチェック!

記事のお気に入り登録やランキングが表示される昨日に対応!毎日の情報収集や調べ物にもっと身近なメディアになりました。

簡単に自分で作れるWebAR

「palanAR」はオンラインで簡単に作れるWebAR作成ツールです。WebARとはアプリを使用せずに、Webサイト上でARを体験できる新しい技術です。

palanARへ
palanar

palanはWebARの開発を
行っています

弊社では企画からサービスの公開終了まで一緒に関わらせていただきます。 企画からシステム開発、3DCG、デザインまで一貫して承ります。

webar_waterpark

palanでは一緒に働く仲間を募集しています

正社員や業務委託、アルバイトやインターンなど雇用形態にこだわらず、
ベテランの方から業界未経験の方まで様々なかたのお力をお借りしたいと考えております。

話を聞いてみたい

運営メンバー

eishis

Eishi Saito 総務

SIerやスタートアップ、フリーランスを経て2016年11月にpalan(旧eishis)を設立。 マーケター・ディレクター・エンジニアなど何でも屋。 COBOLからReactまで色んなことやります。

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

yamakawa

やまかわたかし デザイナー

フロントエンドデザイナー。デザインからHTML / CSS、JSの実装を担当しています。最近はReactやReact Nativeをよく触っています。

Sayaka Osanai デザイナー

Sketchだいすきプロダクトデザイナー。シンプルだけどちょっとかわいいデザインが得意。 好きな食べものは生ハムとお寿司とカレーです。

はらた

はらた エンジニア

サーバーサイドエンジニア Ruby on Railsを使った開発を行なっています

kobori

こぼり ともろう エンジニア

サーバーサイドエンジニア。SIerを経て2019年7月に入社。日々学習しながらRuby on Railsを使った開発を行っています。

sasai

ささい エンジニア

フロントエンドエンジニア WebGLとReactが強みと言えるように頑張ってます。

damien

Damien

WebAR/VRの企画・開発をやっています。森に住んでいます。

ゲスト bagelee

ゲスト bagelee

かっきー

かっきー

まりな

まりな

suzuki

suzuki

miyagi

ogawa

ogawa

雑食デザイナー。UI/UXデザインやコーディング、時々フロントエンドやってます。最近はARも。

いわもと

いわもと

デザイナーをしています。 好きな食べ物はラーメンです。

kobari

taishi kobari

フロントエンドの開発を主に担当してます。Blitz.js好きです。

shogokubota

kubota shogo

サーバーサイドエンジニア。Ruby on Railsを使った開発を行いつつ月500kmほど走っています!

nishi tomoya

aihara

aihara

グラフィックデザイナーから、フロントエンドエンジニアになりました。最近はWebAR/VRの開発や、Blender、Unityを触っています。モノづくりとワンコが好きです。

nagao

SIerを経てアプリのエンジニアに。xR業界に興味があり、unityを使って開発をしたりしています。

kainuma

Kainuma

サーバーサイドエンジニア Ruby on Railsを使った開発を行なっています

sugimoto

sugimoto

asama

ando

CONTACT PAGE TOP