2020年12月24日

デザイン

【CSS】:not否定擬似クラスの使い方とできること

目次

  1. はじめに
  2. :not否定擬似クラスの基本
  3. :notの組み合わせ
  4. まとめ

はじめに

新しい技術にチャレンジし続けるpalanのアドベントカレンダーDay24です!

昨日は「Ruby 後置whileの挙動をみる」と言う記事でした。

Ruby 後置whileの挙動をみる

本記事では、CSSの「:not」という否定擬似クラスの使い方とできることについて書いていきます。

ogp.png (205.8 kB)

:not否定擬似クラスの基本

:not否定擬似クラスとは?

:notとは、CSS上で特定の要素やクラス以外のものを指定したい時に使う擬似クラスです。

特定の要素やクラス以外のものを取得するため、「否定擬似クラス」とも呼ばれています。

:notの基本的な構文
:not(hogehoge) {
  プロパティ: 値;
}

これが基本的な、:notの構文です。

hogehogeの中身が今回取得しない対象を表します。

:notの例文1
<ul>
  <li>apple</li>
  <li class="sample">orange</li>
  <li>lemon</li>
</ul>

このように書いた際に、.sample クラスがついたもの以外は、色を青にしたい場合はCSSをこのように書きます。

li:not(.sample) {
  color: blue;
}
:notの例文2

例1のほかにも、実装の際によくあるのが、リストの最後の要素だけ下線を消す場合です。

デザインとしては、このようなイメージです。

1.png (12.5 kB)

この場合、HTMLとしては:

<ul>
  <li>apple</li>
  <li>orange</li>
  <li>lemon</li>
</ul>

CSSは、実装方法が複数あります。

方法1

li {
  border-bottom: 1px solid #CCC;
}

li:last-of-type {
  border-bottom: none;
}

すべてのliに下線をつけてから、兄弟要素のグループの中でその種類の最後の要素をとってくる :last-of-type擬似クラスで最後のliの下線を消す方法。

こちらでも問題なく動くのですが、:not を使うともっと簡潔に書くことが可能です。

:notを使った方法

li:not(:last-of-type){
  border-bottom: 1px solid #CCC;
}

このように、:notの中に :last-of-typeや :nth-childなどのシンプルセレクターを入れ込むことで、簡潔にCSSを書くことができます。

ポイント

シンプルセレクターとは要素をとってくる要素型セレクタ(タイプセレクタ)、全称セレクタ(ユニバーサルセレクタ)、 属性セレクタ、クラスセレクタ、IDセレクタ、擬似クラスの総称をいいます

:notの組み合わせ

:notは中身にさまざまなセレクタを組み合わせたり、複数使うことにより、さらに強力なセレクタになりますが、実際どこまでの組み合わせが可能なのか、こちらでご紹介していきたいと思います。

:notの組み合わせでできること

:notのセレクタとして擬似クラス

先ほどもご紹介しましたが、:not の中に :last-of-type:nth-of-child などの擬似クラスを使用することができます。

li:not(:nth-child(2n + 1)){
  background: #CCC;
}

こちらでは、奇数の<li>にだけ、背景色をつけています。##### 複数の:notをつなげる
複数のクラスに対して、 :notをかけたい場合、 .notをつなげることができます。

li:not(.apple):not(.orange){
  background: #CCC;
}

このように書くと、 .appleクラスと .orangeクラスの両方の背景色を変更することができます。

属性セレクタとの組み合わせ

例えば、ボタンのdisableや特定のリンクに飛ぶところ以外を取得したい、など :notの中身に属性セレクタを指定することができます。

li:not([disabled]){
  background: mediumseagreen;
}

ここでは、ボタンがdisabledではない場合に背景色をつけることができます。

:notの組み合わせでできないこと

:notの入れ子

下記のように、 :notを入れ子にすることはできません。
使用したくなるシーンは少ないかもしれませんが、気をつけてください。

// 動かないコードです
li:not(:not(.sample)){
  background: mediumseagreen;
}
シンプルセレクター以外をセレクタとして使用する

シンプルセレクターとは下記のセレクタの総称です。
要素型セレクタ(タイプセレクタ)全称セレクタ(ユニバーサルセレクタ)属性セレクタクラスセレクタIDセレクタ擬似クラス

これ以外のセレクタを使用するとすると、動きませんので注意してください。

// 動かないコードです
li:not(::first-line){
  background: mediumseagreen;
}
// 動かないコードです
li:not(.a, .b, [c]){
  background: mediumseagreen;
}

ポイント

現在、シンプルセレクタ以外にも、 `li:not(.a, .b, [c])` のような形で書いても、CSSがそれを認めるような仕様が出てきています。現在、Firefoxやsafariなどの新しいブラウザで使用することはできますが、そこまでサポートが進んでいないので、今はまだ避けて使うのが良さそうです。

ブラウザサポート

:notは現在、ほとんどの主要ブラウザで実装されていますが、念のため下記をご確認の上、プロジェクト内で使用するかを決めると良いでしょう。

4.png (103.9 kB)

まとめ

今回は:not否定擬似クラスの使い方とできることをご紹介しました。

:not を使うことで、わかりやすいコードがかけたり、コード量を短縮することもできるので、使い方をマスターしていただければと思います。

CSSのお仕事に関するご相談

Bageleeの運営会社、palanではCSSに関するお仕事のご相談を無料で承っております。
zoomなどのオンラインミーティング、お電話、貴社への訪問、いずれも可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。

無料相談フォームへ

1

0

AUTHOR

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

アプリでもっと便利に!気になる記事をチェック!

記事のお気に入り登録やランキングが表示される昨日に対応!毎日の情報収集や調べ物にもっと身近なメディアになりました。

簡単に自分で作れるWebAR

「palanAR」はオンラインで簡単に作れるWebAR作成ツールです。WebARとはアプリを使用せずに、Webサイト上でARを体験できる新しい技術です。

palanARへ
palanar

palanはWebARの開発を
行っています

弊社では企画からサービスの公開終了まで一緒に関わらせていただきます。 企画からシステム開発、3DCG、デザインまで一貫して承ります。

webar_waterpark

palanでは一緒に働く仲間を募集しています

正社員や業務委託、アルバイトやインターンなど雇用形態にこだわらず、
ベテランの方から業界未経験の方まで様々なかたのお力をお借りしたいと考えております。

話を聞いてみたい

運営メンバー

eishis

Eishi Saito 総務

SIerやスタートアップ、フリーランスを経て2016年11月にpalan(旧eishis)を設立。 マーケター・ディレクター・エンジニアなど何でも屋。 COBOLからReactまで色んなことやります。

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

しまだ

しまだ デザイナー

WebAR/VRのデザインと3DCG制作がメインです。 肩書きは「アニメ案件に関わりたいデザイナー」。

Miu マーケター

ドイツでWEBマーケティングしています。

しんのき エンジニア

主に React Native を使ったアプリ開発と AWS や Firebase を使ったサーバーレスアーキテクチャを担当しています。元々はインフラとかPHPをやっていました。

yamakawa

やまかわたかし デザイナー

フロントエンドデザイナー。デザインからHTML / CSS、JSの実装を担当しています。最近はReactやReact Nativeをよく触っています。

furuya エンジニア

サーバーサイド、フロントエンド、Unityと色々手を出してる雑食系エンジニア。ReactNativeが最近のマイブーム。

Sayaka Osanai デザイナー

Sketchだいすきプロダクトデザイナー。シンプルだけどちょっとかわいいデザインが得意。 好きな食べものは生ハムとお寿司とカレーです。

はらた

はらた エンジニア

サーバーサイドエンジニア Ruby on Railsを使った開発を行なっています

うえまつゆい エンジニア

サーバーサイドエンジニアからフロントエンドエンジニアになりました。主にReact Nativeでのアプリ開発をしています。

kobori

こぼり ともろう エンジニア

サーバーサイドエンジニア。SIerを経て2019年7月に入社。日々学習しながらRuby on Railsを使った開発を行っています。

sasai

ささい エンジニア

フロントエンドエンジニア WebGLとReactが強みと言えるように頑張ってます。

damien

Damien

WebAR/VRを中心に企画・マークアップ・開発をやっています。森に住んでいます。

デザイナーゲスト

ゲスト デザイナー

かっきー

かっきー

まりな

まりな

suzuki

suzuki

taro

taro

xR界隈のビズをやっています。新しいガジェットとか使うのが好きです。あとお寿司は玉子のお寿司が好きです。

miyagi

ogawa

ogawa

雑食デザイナー。UI/UXデザインやコーディング、時々フロントエンドやってます。最近はARも。

いわもと

いわもと

CONTACT PAGE TOP