2020年12月21日

デザイン

デザイン制作・コーディングツール「Hadron」を使ってみた

目次

  1. はじめに
  2. Hadronについて
  3. 最近のアップデート
  4. まとめ

はじめに

この記事は 新しい技術にチャレンジし続けるpalanのアドベントカレンダー 21日目の記事です。 昨日は 『屋内でのxRを活用したイベントの事例』 という記事でxR系イベント事例のご紹介に加え、新江ノ島水族館様に導入いただいたWebARイベント事例が導入に至った経緯や見えてきたこと等をご紹介しました。
屋内でのxRを活用したイベントの事例
今回はコーディングをしながらデザインも同時並行で進められるという「Hadron」というツールを使ってみた感想と最近のアップデート内容についてご紹介します。

Hadronについて

Hadronは2018年にプレビュー版がリリースされたツールです。
2020年現在ですが、すぐにダウンロードができるというわけではなく、リクエストを送り承認してもらってから利用できるという流れで、MacでもWindowsでも利用可能です。
デザインを作成したら自動でコードも表示してくれ、操作もそこまで難しくなさそうなのでこれからコーディングを勉強したいという方でも始めやすいかと思います。
ちなみに筆者自身コーティングはまだまだ初心者なのでその目線で感想を書いていこうと思います!
ボタンで要素を作成できる
headerやdivもこのようにボタンでぽちぽちっと作成できるようになっています。
今までは、デザインを作成してからコードを作成していく、という進め方をしていたので、一気にコードを作成してくれるのは時間短縮にもなりつつ、ここはこういう風に書いたらいいんだなというwebの仕組みを理解しやすくなるので有り難いです。
また、クラス名をつけることができ、一つのクラスを他の要素にも反映させるコンポネート化も可能です。
レスポンシブも可能
また、レスポンシブデザインにも対応しており作成しながらすぐに確認できるようになっています。
変更したら作業画面ですぐにプレビューできるのでとても楽です。
FlexboxやGridレイアウトがつくれる
また、ボタンでリストを横並びにしたり要素をブロック状に並べることが簡単にできます。
cssを確認してみるとちゃんとdisplay:flexになっていました。
横並びのレイアウトは結構使うことが多いのでこのように簡単に学べるのは有り難いです!
初心者でもわかりやすい
基本、操作がシンプルだったのでわかりやすかったです。
また、paddingとmarginの部分が常に色分けされていたり、初心者には優しい機能もついていていました。
作ったサイトを実際にWEB上で公開することもできるので、慣れたらできることはたくさんありそうなツールです。

2020年のアップデート

また、Hadron2020年のアップデートで気になったものをいくつかご紹介します。
backgroundimageが可能に
アセットパネルからバックグラウンドを指定したデザインの作成が可能になりました。 デザインの幅が広がりそうです!
Ulの改善
セレクターのリストをマウスを合わせることですぐプレビューできる機能が追加されました。
いろんなデザインを素早く試せて、すぐコードに反映されるのは嬉しいです。
デザインシステムのインストール
またElementsパネルの右上にあるノートのアイコンから、様々なデザインシステムのインストールが可能です。 Web制作のためのフレームワークBootstrapなど、参考になるデザインがすぐに利用できるのは勉強にもなります。

まとめ

今回の記事ではデザイン制作・コーディングツール「Hadron」を使ってみた感想と最近のアップデート内容についてご紹介しました!
また、今回使用した動画の一部は「Hadron」のサイトから引用しています。
アップデートも今回紹介したもの以外にもたくさん載っているのでご興味ある方は是非webサイトをご覧ください。
デザインもしながらコーディングも進めれるのでこれからコーディング勉強したい!という方にはおすすめのツールです!

CSSのお仕事に関するご相談

Bageleeの運営会社、palanではCSSに関するお仕事のご相談を無料で承っております。
zoomなどのオンラインミーティング、お電話、貴社への訪問、いずれも可能です。
ぜひお気軽にご相談ください。

無料相談フォームへ

1

0

AUTHOR

いわもと

いわもと

アプリでもっと便利に!気になる記事をチェック!

記事のお気に入り登録やランキングが表示される昨日に対応!毎日の情報収集や調べ物にもっと身近なメディアになりました。

簡単に自分で作れるWebAR

「palanAR」はオンラインで簡単に作れるWebAR作成ツールです。WebARとはアプリを使用せずに、Webサイト上でARを体験できる新しい技術です。

palanARへ
palanar

palanはWebARの開発を
行っています

弊社では企画からサービスの公開終了まで一緒に関わらせていただきます。 企画からシステム開発、3DCG、デザインまで一貫して承ります。

webar_waterpark

palanでは一緒に働く仲間を募集しています

正社員や業務委託、アルバイトやインターンなど雇用形態にこだわらず、
ベテランの方から業界未経験の方まで様々なかたのお力をお借りしたいと考えております。

話を聞いてみたい

運営メンバー

eishis

Eishi Saito 総務

SIerやスタートアップ、フリーランスを経て2016年11月にpalan(旧eishis)を設立。 マーケター・ディレクター・エンジニアなど何でも屋。 COBOLからReactまで色んなことやります。

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

しまだ

しまだ デザイナー

WebAR/VRのデザインと3DCG制作がメインです。 肩書きは「アニメ案件に関わりたいデザイナー」。

Miu マーケター

ドイツでWEBマーケティングしています。

しんのき エンジニア

主に React Native を使ったアプリ開発と AWS や Firebase を使ったサーバーレスアーキテクチャを担当しています。元々はインフラとかPHPをやっていました。

yamakawa

やまかわたかし デザイナー

フロントエンドデザイナー。デザインからHTML / CSS、JSの実装を担当しています。最近はReactやReact Nativeをよく触っています。

furuya エンジニア

サーバーサイド、フロントエンド、Unityと色々手を出してる雑食系エンジニア。ReactNativeが最近のマイブーム。

Sayaka Osanai デザイナー

Sketchだいすきプロダクトデザイナー。シンプルだけどちょっとかわいいデザインが得意。 好きな食べものは生ハムとお寿司とカレーです。

はらた

はらた エンジニア

サーバーサイドエンジニア Ruby on Railsを使った開発を行なっています

うえまつゆい エンジニア

サーバーサイドエンジニアからフロントエンドエンジニアになりました。主にReact Nativeでのアプリ開発をしています。

kobori

こぼり ともろう エンジニア

サーバーサイドエンジニア。SIerを経て2019年7月に入社。日々学習しながらRuby on Railsを使った開発を行っています。

sasai

ささい エンジニア

フロントエンドエンジニア WebGLとReactが強みと言えるように頑張ってます。

damien

Damien

WebAR/VRを中心に企画・マークアップ・開発をやっています。森に住んでいます。

デザイナーゲスト

ゲスト デザイナー

かっきー

かっきー

まりな

まりな

suzuki

suzuki

taro

taro

xR界隈のビズをやっています。新しいガジェットとか使うのが好きです。あとお寿司は玉子のお寿司が好きです。

miyagi

ogawa

ogawa

雑食デザイナー。UI/UXデザインやコーディング、時々フロントエンドやってます。最近はARも。

いわもと

いわもと

CONTACT PAGE TOP