2017年10月11日

デザイン

【CSS】CSSだけでグラデーションの見出しとボーダーを作る!

目次

  1. はじめに
  2. 今回作成していくもの
  3. HTML解説
  4. CSS解説
  5. まとめ

はじめに

今回はCSSシリーズの続きとして、CSSだけでグラデーションがかかった見出し(文字)とボーダーを作る方法をご紹介します。

CSS2.0まではグラデーションがかかった見出し(文字)やボーダーを作りたい場合は画像、または背景画像を用意して作成する方法が一般的だったのですが、CSS3の導入により画像を使わずに様々な形のグラデーションを作ることが可能になりました!

今回作成していくもの

まずは、今回作成していくデモをご紹介します。

今回作成していくデモはこちらです。

See the Pen グラデーションの見出しとボーダー by Ayaka Sasaki (@ayausaspirit) on CodePen.

HTML解説

では、中身のソースコードを見て行きましょう。

まず、今回の全体のHTMLはこのようになっています。

<h2>グラデーションの<br><span class="grad_text">見出し</span>と<span class="grad_border">ボーダー</span>を作る方法</h2>
<h3 class="grad_text">こちらがグラデーションの見出しです</h3>
<div class="grad_border wd100%"></div>

今回は、わかりやすいように文字にグラデーションをかけたい箇所には .grad_textクラスを、そして、グラデーションのボーダーをかけたい箇所には、 .grad_borderクラスを付与しています。

CSS解説

次にCSSを見ていきます。

CSSの全体像:

body{
  background-image: linear-gradient(-225deg, #FFF0FF 0%, #D7FFFE 80%);
   font-family: "Sawarabi Mincho"; 
}

h2, h3{
  color: #FF9F04;
  font-size: 40px;
  text-align: center;
  margin: 50px 0;
}
.grad_text{
  background-image: linear-gradient(to right, #b8cbb8 0%, #b8cbb8 0%, #b465da 0%, #cf6cc9 33%, #ee609c 66%, #ee609c 100%);
  -webkit-background-clip: text;
  -webkit-text-fill-color: transparent;
}
.grad_border{
  border-bottom: 5px solid;
  border-image: linear-gradient(90deg, #fc6076 33%, #ff9a44 66%);
  border-image-slice: 1;
}
.wd100{
  width: 100%;  
}

大事なところとしては、上記HTMLで少し触れた、 .grad_text.grad_borderですので、こちらを中心的に解説します。

まずは、見出しや文字にグラデーションをかけたい場合の記述です。

.grad_text{
  background-image: linear-gradient(to right, #b8cbb8 0%, #b8cbb8 0%, #b465da 0%, #cf6cc9 33%, #ee609c 66%, #ee609c 100%);
  -webkit-background-clip: text;
  -webkit-text-fill-color: transparent;
}

まず、文字の背景全体をグラデーションにするため、background-image: linear-gradient(to right, #b8cbb8 0%, #b8cbb8 0%, #b465da 0%, #cf6cc9 33%, #ee609c 66%, #ee609c 100%); をかけます。

次に -webkit-background-clip: text; でテキストの部分のみの背景を残します。

ちなみに、こちらの background-clip プロパティはそのほかにも、 border-box, padding-box, content-boxなどの値があります。

border-box – ボーダー部分にまで背景色が広がる (デフォルト)
padding-box – paddingの外側まで背景色が広がり、ボーダーには背景色はつかない
content-box – コンテンツ部分にも背景色がつく

詳しくは、下記をご覧ください

See the Pen background-clip experiment by Ayaka Sasaki (@ayausaspirit) on CodePen.

また、background-clipのサポート状況はこのようになっています。
基本chrome, safari, firefoxはもちろん、IEも9以降は対応しています。
ただし、chrome, safari, firefoxはベンダープレフィックス (webkit)をつけないと動かないので注意してください。

これで、文字の形のグラデーションはできているのですが、文字が背景の上に来ているため、隠れて見えない状態になっています。ここで、文字の部分のみを消すために、text-fill-color: transparent; をかけます。

POINT!!

text-fill-colorは基本的に、 color と同じような役割を担います。 text-fill-colorが設定されてない場合や、サポートされていない場合はブラウザが勝手に color の値を持って来て、そちらを反映させます。

これでグラデーションがかかった見出しができました!

次に、グラデーションのボーダーをみていきます。

.grad_border{
  border-bottom: 5px solid;
  border-image: linear-gradient(90deg, #fc6076 33%, #ff9a44 66%);
  border-image-slice: 1;
}

まずは通常通りボーダーボトムをかけていきます。border-bottom: 5px solid; これがないと ボーダーの幅やスタイルが反映されませんのでお気をつけください。

次にボーダー部分にグラデーションをかけます。linear-gradient(90deg, #fc6076 33%, #ff9a44 66%);

最後にborder-image-slice: 1; とかけていきます。
こちらの数字は何でもかまいませんがとりあえず1と入れています。

border-image-sliceについてさらに詳しく知りたい方は、こちらのリンクを参考にしてください。

今回はボーダーの中身にグラデーションを使用しているのでborder-image-sliceプロパティーの値はあまり関係ありませんがボーダーに画像を使用する場合は重要になって来ますので、参考までにみておくと良いかと思います。

まとめ

以上、今回はCSSだけでグラデーションがかかった見出しとボーダーを作る方法をご紹介しました。

少し前まではCSSだけでグラデーションの見出しやボーダーを作ることは難しかったですが、現在では簡単にグラデーションを使った見出しやボーダーが作れるようになっています。

グラデーションを使うとデザインの幅もどんどん広がるのでぜひご興味のある方は使ってみてください。ただし、場合によっては対応されていないブラウザなどもあります。使う際はサポートがどれくらい進んでいるか確認してから使用してください。

0

0

AUTHOR

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

アプリでもっと便利に!気になる記事をチェック!

記事のお気に入り登録やランキングが表示される昨日に対応!毎日の情報収集や調べ物にもっと身近なメディアになりました。

簡単に自分で作れるWebAR

「palanAR」はオンラインで簡単に作れるWebAR作成ツールです。WebARとはアプリを使用せずに、Webサイト上でARを体験できる新しい技術です。

palanARへ
palanar

palanはWebARの開発を
行っています

弊社では企画からサービスの公開終了まで一緒に関わらせていただきます。 企画からシステム開発、3DCG、デザインまで一貫して承ります。

webar_waterpark

palanでは一緒に働く仲間を募集しています

正社員や業務委託、アルバイトやインターンなど雇用形態にこだわらず、
ベテランの方から業界未経験の方まで様々なかたのお力をお借りしたいと考えております。

話を聞いてみたい

運営メンバー

eishis

Eishi Saito 総務

SIerやスタートアップ、フリーランスを経て2016年11月にeishis, Inc.を設立。 マーケター・ディレクター・エンジニアなど何でも屋。 COBOLからReactまで色んなことやります。

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

しまだ

しまだ デザイナー

WebAR/VRのデザインと3DCG制作がメインです。 肩書きは「アニメ案件に関わりたいデザイナー」。

Miu マーケター

ドイツでWEBマーケティングしています。

しんのき エンジニア

主に React Native を使ったアプリ開発と AWS や Firebase を使ったサーバーレスアーキテクチャを担当しています。元々はインフラとかPHPをやっていました。

yamakawa

やまかわたかし デザイナー

フロントエンドデザイナー。デザインからHTML / CSS、JSの実装を担当しています。最近はReact NativeやReact360をよく触っています。

furuya エンジニア

サーバーサイド、フロントエンド、Unityと色々手を出してる雑食系エンジニア。ReactNativeが最近のマイブーム。

Sayaka Osanai デザイナー

Sketchだいすきプロダクトデザイナー。シンプルだけどちょっとかわいいデザインが得意。 好きな食べものは生ハムとお寿司とカレーです。

はらた

はらた エンジニア

サーバーサイドエンジニア Ruby on Railsを使った開発を行なっています

うえまつゆい エンジニア

サーバーサイドエンジニアからフロントエンドエンジニアになりました。主にReact Nativeでのアプリ開発をしています。

kobori

こぼり ともろう エンジニア

サーバーサイドエンジニア。SIerを経て2019年7月に入社。日々学習しながらRuby on Railsを使った開発を行っています。

sasai

ささい エンジニア

フロントエンドエンジニア WebGLとReactが強みと言えるように頑張ってます。

damien

Damien

WebAR/VRを中心に企画やディレクションやエンジニアもちょっとやっています。森に住んでいます。

デザイナーゲスト

ゲスト デザイナー

CONTACT PAGE TOP