1. ホーム
  2. Sketch
  3. 便利!SketchのためのFlexboxレイアウトが使える「Stacks」

便利!SketchのためのFlexboxレイアウトが使える「Stacks」

目次

  1. はじめに
  2. Stacksとは
  3. Stackの基本
  4. masonryレイアウトを作る
  5. まとめ

はじめに

今日はSketch内でFlexboxレイアウトが使える「Stacks」をご紹介します!

「Stacks」はAnima社が出している、Auto-Layout for Sketchというプラグインのアドバンス機能の1つです。

Auto-Layoutのレイヤーの特定部分を固定する「Pin」、レイヤーの大きさを制限される「Size」などは日本でも有名ですが、そのほかのアドバンス機能をよく使っている、という方は少ないかもしれません。

今回はその中の「Stacks」に絞ってどんなことができるのかご紹介していきます!

Stacksとは

「Stacks」とは、Sketchで作成したグループ内の中の子供のレイヤーのレイアウトを定義する特別なグループです。

「Stack」として定義したグループ内の子要素はCSSで親要素をdisplay: flex;として定義したときのように動きます。

ドラッグアンドドロップするだけで子要素が自動的に配置を整えてくれたり…

横並びになっているものを縦並びにしたり…

要素を追加したり、削除してもそれぞれの要素の周りの余白を同じに整えてくれたり…

長いテキストを追加しても、そのテキストの長さに応じてボックスが可変になったり…

とにかく便利なことが盛りだくさんです!

さらに、こんなおしゃれなレイアウトもできちゃいます!

よく、pinterestなどでみるmasonryレイアウトです。
特に写真が中心のサイトなどで使われたりしますね。

カラムを追加しても、削除しても、幅を変えても、要素を組み替えてもレイアウトが崩れることなくピタッと綺麗に並んでくれます!

これはすごい!

そのほかにもシンプルなニュースのレイアウト。

こちらもテキストとその下のpaddingを1つの「Stack」とすることで、テキストの長さが変わった時に自動的に大きさが変わってくれるようになっています!

そのほかにもこんなパネルレイアウトを作る時にも役に立ちます!

これが全て「Stacks」を活用することによりできます!

Stacksの基本

では、Stacksの基本を見ていきます。

まず、Stackを作る際は、その中の子レイヤーから作っていきます。

今回はシンプルに3つの長方形を作りました。

これができたら、作ったレイヤーを全てグループとしてくくり、プラグインのStacks部分をクリックします。

これでとてもシンプルなStackの出来上がりです!

レイヤーパネルを見ていただくと、先ほどのフォルダマークと違い、Stackマークが表示されているはずです。

Stackの向きを変えるには、「Horizontal」を「Vertical」にすればOKです!

ほかにもSpacingを変えることができます。

また、それぞれのboxの大きさが違う場合はalignmentを変更することもできます。

top, center, stretch, bottomの4つに設定することができます。

以上がStacksの基本です。

masonryレイアウトを作る

では、先ほどの基本で作った部分を拡張し、masonryレイアウトを作ってみます。

まずは、先ほど作った基本のStackの設定を下記に変更します。

masonryの基本設定

  • 向き: Vertical
  • Alignment: Strech
  • Spacing: 20pxほど (こちらはお好きに変えていただいてOKです!)

ここまでできたらこちらをCmd + D で3−4つほどからむができるまで複製します。

複製できたら、少し形を整えます。

また、Stacked Groupレイヤーの名前をcolumnなどに変更しておくと、レイヤーが整理されて後々作業しやすいです。

ここまでできたら、すべての「Stack」を選択し、グループを作り、それをさらに「Stack」として設定します。

Stackの設定は下記を参考にしてください。

masonry、一番外のStackの設定

  • 向き: Vertical
  • Alignment: Strech
  • Spacing: 20pxほど (こちらはお好きに変えていただいてOKです!)

これでmasonryレイアウトの完成です!

中身のシェイプを削除したり、複製したりしてみてください!

現状だと、シェイプやカラムを複製したり増やしたりすると、masonry全体の大きさも変わります。masonry全体の大きさはキープしたままカラムなどを増やしたい場合は一番外側のStackを上下左右「pin」しておくと良いでしょう。

あとは、好きな写真などを入れてみましょう。

これで完成です!!

まとめ

以上、Sketch内でFlexboxレイアウトが使える「Stacks」をご紹介しました。
とにかく最初使ってみたときは、魔法みたいで衝撃でした!

いろんなレイアウトが魔法のようにピタッとはまっていくのでとても楽しいですし、普段作るレイアウトにも応用できそうな部分がたくさんあるので、ぜひみなさんも使ってみてください。

この記事は
参考になりましたか?

PAGE TOP