2017年7月28日

デザイン

【Sketch】Sketch45アップデートで変更されたことまとめ

目次

目次

  1. はじめに
  2. プラグイン管理
  3. 色を管理するポップオーバーのUI変更
  4. ベクターエディターのスマートガイド
  5. メニューの変更
  6. 今回のアップデートをうけて
  7. まとめ

はじめに

本記事では2017年6月にSketch44から45にアップデートされた際に変更された機能についてご紹介します。

2017年6月のSketch45へのアップデートで変更された機能:

プラグイン管理

今までは、Sketchの新しいバージョンに対応したプラグインの管理に関してSketchのネイティブのプラグイン管理システムは対応していませんでした。しかし、今回のアップデートで、プラグインがアップデートされた場合、プラグインも自動でアップデートされるようになりました。

また、逆にSketchの新しいバージョンに対応していないプラグインに関しては、自動的に無効化してくれます。また、対応していなかったプラグインが新しく対応したバージョンのプラグインを作成すると、自動通知をしてくれてプラグインをアップデートしてくれます。また、Sketch 45では、無効化されたプラグインはプラグインのメニューからすぐに消えるように設定されました。

対応していないプラグインを勝手に無効化されてしまうのが嫌な方は、プラグインを楽に管理できるプラグイン、Sketch packsを使用してみても良いかもしれません。

色を管理するポップオーバーのUI変更

Sketchで使用する色を管理する色のポップオーバーですが、今までは「グローバルカラー」や「ドキュメントカラー」にたくさんの色を登録してしまうと、スクリーンから色がはみ出し、選べなくなってしまっていましたが、今回のアップデートでこちらのポップオーバーのUIが変更になり、色がはみ出しそうになった場合はスクロールで対応してくれるようになりました。

また、カラーピッカーが折りたためるようになっているので、カラーピッカーをあまり使用しない方は折りたたんでおいた方がスッキリして良いかもしれません。

一部の方はHSLで色を偉べる機能が欲しいという方もいらっしゃるかもしれません。ネイティブではこの機能はまだ対応されていませんが、
HSL Color Pickerというプラグインがあるので、興味がある方はこちらを試してみても良いかもしれません。

ベクターエディターのスマートガイド

Sketch 45 ではベクターツールで形を書く際にスマートガイドが出るようになりました。
x軸とy軸に対するスマートガイドが出るようになっているので、例えば、完璧な長方形などを書きたいときには非常に重宝します。

メニューの変更

今までは、一部Sketchのメニューで表記揺れがあり、わかりにくいものがあったみたいです。今回のアップデートでこちらの表記揺れやわかりにくい項目が変わったり、カテゴリ分けが少し変わったりしました。

例えば、「collapsing artboards」が「Collapse All Groups」に変わったり、「center canvas」が 「fit canvas」に変わったりしていて、最初は戸惑うかもしれません。
また、これに伴いご自身で名前を使い、ショートカットを設定されている方は、ショートカットが動かなくなってしまうので、注意してください。

今回のアップデートをうけて

上記にあげたもの以外にも、細かなバグや改善点があるみたいです。
この辺りを詳しく知りたい方は、公式のブログ発表を読んでみてください。



A redesigned color popover, better plugin management and more in Sketch 45

そのほかにも、今回のアップデートで一部のシンボルリンクが外れてしまう、という現象があるみたいなので、シンボルを非常に多く使用している方は、アップデートにより起こるバグをゆっくり修正できる日を設けた際にアップデートされることをオススメします。

また、今回のアップデートにより、プラグインの対応も必要とされます。
メジャーなプラグインはどんどんとSketch 45 に対応するようアップデートされているみたいですが、ご自身で頻繁に使用されているプラグインが対応しているか、チェックしていからアップデートする方が無難かもしれません。

その際には、Twitterなどでの発表するところが多いので、そちらを逐一チェックしておくと良いかもしれません。

まとめ

すでに有名な話ではありますが、Bohemian Coding社のアップデートでは、バグが見つかることが多く、Sketchのアップデートをする際も、少なくとも1週間、できれば2−3週間ほど待ってからアップデートされることをオススメします。

ただし、今回のアップデートで便利な機能(特にベクターのスマートガイドなど)も増えているので、試してみたい方はテスト用のマシンでアップデートし、実際の業務のパソコンではとりあえずそのまま、という方法をとると良いかもしれません。

0

0

AUTHOR

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

アプリでもっと便利に!気になる記事をチェック!

記事のお気に入り登録やランキングが表示される昨日に対応!毎日の情報収集や調べ物にもっと身近なメディアになりました。

eishisでは一緒に働く仲間を募集しています

正社員や業務委託、アルバイトやインターンなど雇用形態にこだわらず、
ベテランの方から業界未経験の方まで様々なかたのお力をお借りしたいと考えております。

話を聞いてみたい

運営メンバー

eishis

Eishi Saito 総務

SIerやスタートアップ、フリーランスを経て2016年11月にeishis, Inc.を設立。 マーケター・ディレクター・エンジニアなど何でも屋。 COBOLからReactまで色んなことやります。

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

しまだ デザイナー

WebAR/VRのデザインと3DCG制作がメインです。 肩書きは「アニメ案件に関わりたいデザイナー」。

Miu マーケター

ドイツでWEBマーケティングしています。

しんのき エンジニア

新しい技術が好きなWebエンジニアです。 元々インフラやPHPをやっていたのですが、最近はReact NativeとFirebaseを使って頑張ってます。

yamakawa

やまかわたかし デザイナー

フロントエンドデザイナー。デザイン・HTML/CSSマークアップ・JSアニメーション実装を担当しています。

furuya エンジニア

サーバーサイド、フロントエンド、Unityと色々手を出してる雑食系エンジニア。ReactNativeが最近のマイブーム。

Sayaka Osanai デザイナー

Sketchだいすきプロダクトデザイナー。シンプルだけどちょっとかわいいデザインが得意。 好きな食べものは生ハムとお寿司とカレーです。

はらた

はらた エンジニア

サーバーサイドエンジニア Ruby on Railsを使った開発を行なっています

うえまつゆい エンジニア

サーバーサイドエンジニアからフロントエンドエンジニアになりました。主にReact Nativeでのアプリ開発をしています。

CONTACT PAGE TOP