2017年7月3日

デザイン

【Sketch】Sketch44アップデートで変わったこと

目次

目次

  1. はじめに
  2. アートボードのアップデート
  3. フォントの扱い
  4. リサイズのコントロールの強化
  5. ベクターパスで美しい角丸が表現できるようになった
  6. Sketch Cloud上でコメントができる
  7. 右サイドバーが消えたときの対策
  8. まとめ

はじめに

本記事ではSketch43から44にアップデートされた際に変更された機能について簡潔にご紹介します。
また、私はアップデートをすることによって、「CRAFT」というプラグインとの兼ね合いがうまくいかず、Sketchの右サイドバーが消えました
※正確にはSketchインターフェースの右側を引っ張ると出てきます

そうなった時の対処法もご紹介します!

2017年5月のSketch44へのアップデートで変更された機能:

  • アートボードピッカーが廃止になり、アートボートのリサイズによってコンテンツの調整が可能になった
  • システムにないドキュメント内のフォントへの対応が変更された
  • リサイズのコントロールが強化された
  • ベクターパスの角丸がさらに正確になった
  • Sketch Cloud上で共有されているアートボードにコメントがつけられる用意なった
  • その他40程度のバグ修正、キーボードのショートカット追加

アートボードのアップデート

アートボードに対して、Sketch44では複数のアップデートが行われています。
まずは、アートボードピッカーが「iPhone」、「iPad」などにカテゴリ分けがされました。
あの長いリストから選ぶよりもカテゴリ分けされている方が少し見やすいですね。

また、アートボードのオリエンテーションも選べるようになりました。
そのため、横向きのデザイン、縦向きのデザインにも対応しました。

また、個人的に一番重宝しているにが、リサイズ<の機能です。
一度サイズを決めてデザインをした後でも、アートボードを選択すると、
右のサイドバーにアートボードのサイズを選ぶ項目が出てきますので、
途中からデザインの大きさを変えたい場合も簡単に対応することができるようになりました。

また、アートボードを持っている状態で「Adjust Content on Resize」というチェックボックスにチェックを入れると、アートボードをリサイズした際にコンテンツも同時にリサイズされます。

フォントの扱い

今までは自分のコンピューターのシステム上にフォントがないと全てのフォントが変換されるようになっていましたが、現在ではドキュメントで使われているフォントがない場合、それぞれ細かくオプションを選ぶことができるようになりました。

ドキュメント内に必要なフォントがない場合、ユーザーがまずそれを必ず認識するように、また自分の好きなようにカスタマイズができるようになっています。

リサイズのコントロールの強化

リサイズをする際、今まではプルダウンメニューから操作するようなインターフェースですが、今回のアップデートリサイズのメニューがもう少し直感的なものになりました。

幅を固定したり、高さを固定して、リサイズする際にどの方向に向けてリサイズしたいのかを細かく決めることができます。
また、リサイズをした際にどの辺に固定されるのかを明確に選ぶことができるようになりました。

レスポンシブなデザインをしているときには役立つかもしれません。

ベクターパスで美しい角丸が表現できるようになった

前のSketchでは角丸の位置や大きさによっては、自分が思った通りの角丸ができない場合がありましたが、本アップデートにより、ベクターパスの角丸が更に強化されました。

Sketch Cloud上でコメントができる

Sketch44 のアップデートと同時期にアップデートされたのがSketch Cloudです。
もしこちらを使用している方は、本アップデートによりSketch Cloudのアートボードの右にサイドバーが作成され、そこにコメントをつけることができるようになりました。

右サイドバーが消えたときの対策

Sketchをアップデートした際、私の場合右サイドバー(インスペクターバー)が表示されなくなりました。

この現象はdesignernewsでも話題になっていましたね。
https://www.designernews.co/stories/83634-sketch-44
それもそのはず…毎回毎回右側からインスペクターバーを引っ張ってこないと行けなかったので、とても面倒でした…

同じ現象が起きた時は「CRAFT」というプラグインをアップデートしたら私の場合は元に戻りました。

アップデートをする際は、Mac上の「Craft Manager」を起動し、「Update」ボタンを押せばすぐにアップデートできるはずです。

まとめ

私の業務はSketchなしだとかなり作業効率が下がるので、こういったアップデートがあると、バグが怖くてアップデートをしないこともあるのですが、今回に関しては右サイドバーのバグを修正後は問題なくアップデートができました。
アートボードのリサイズ機能はかなり重宝して使用しています。
アップデートに迷われてる方への一参考になれば幸いです。

0

0

AUTHOR

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

アプリでもっと便利に!気になる記事をチェック!

記事のお気に入り登録やランキングが表示される昨日に対応!毎日の情報収集や調べ物にもっと身近なメディアになりました。

簡単に自分で作れるWebAR

「palanAR」はオンラインで簡単に作れるWebAR作成ツールです。WebARとはアプリを使用せずに、Webサイト上でARを体験できる新しい技術です。

palanARへ
palanar

palanはWebARの開発を
行っています

弊社では企画からサービスの公開終了まで一緒に関わらせていただきます。 企画からシステム開発、3DCG、デザインまで一貫して承ります。

webar_waterpark

palanでは一緒に働く仲間を募集しています

正社員や業務委託、アルバイトやインターンなど雇用形態にこだわらず、
ベテランの方から業界未経験の方まで様々なかたのお力をお借りしたいと考えております。

話を聞いてみたい

運営メンバー

eishis

Eishi Saito 総務

SIerやスタートアップ、フリーランスを経て2016年11月にeishis, Inc.を設立。 マーケター・ディレクター・エンジニアなど何でも屋。 COBOLからReactまで色んなことやります。

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

しまだ

しまだ デザイナー

WebAR/VRのデザインと3DCG制作がメインです。 肩書きは「アニメ案件に関わりたいデザイナー」。

Miu マーケター

ドイツでWEBマーケティングしています。

しんのき エンジニア

主に React Native を使ったアプリ開発と AWS や Firebase を使ったサーバーレスアーキテクチャを担当しています。元々はインフラとかPHPをやっていました。

yamakawa

やまかわたかし デザイナー

フロントエンドデザイナー。デザインからHTML / CSS、JSの実装を担当しています。最近はReact NativeやReact360をよく触っています。

furuya エンジニア

サーバーサイド、フロントエンド、Unityと色々手を出してる雑食系エンジニア。ReactNativeが最近のマイブーム。

Sayaka Osanai デザイナー

Sketchだいすきプロダクトデザイナー。シンプルだけどちょっとかわいいデザインが得意。 好きな食べものは生ハムとお寿司とカレーです。

はらた

はらた エンジニア

サーバーサイドエンジニア Ruby on Railsを使った開発を行なっています

うえまつゆい エンジニア

サーバーサイドエンジニアからフロントエンドエンジニアになりました。主にReact Nativeでのアプリ開発をしています。

kobori

こぼり ともろう エンジニア

サーバーサイドエンジニア。SIerを経て2019年7月に入社。日々学習しながらRuby on Railsを使った開発を行っています。

sasai

ささい エンジニア

フロントエンドエンジニア WebGLとReactが強みと言えるように頑張ってます。

damien

Damien

WebAR/VRを中心に企画やディレクションやエンジニアもちょっとやっています。森に住んでいます。

デザイナーゲスト

ゲスト デザイナー

CONTACT PAGE TOP