2018年4月13日

デザイン

Abstract0.70大型アップデートがリリース

目次

  1. はじめに
  2. Abstractとは
  3. ナビゲーションの変更
  4. プロジェクトを軸としたワークフローのUIの見直し
  5. まとめ

はじめに

bageleeでは、以前AbstractというSketchのバージョン管理ツールをご紹介していますが、今回はそのAbstractに初の大型アップデートが出たので、一体何が変わったのか、どのように便利になったのかご紹介したいと思います。

Abstractとは

Abstractは作成したデザインをgitのようにバージョン管理ができるプラットフォームです。Sketchファイルのどのコンポーネントにどのような変更が行われたかを追い、それぞれのバージョンでどのような変更が行われたかをコンポーネント/デザイン単位で見せてくれます。

Abstractの機能やAbstractを使う際のファイル構成、実際の使い方に関しては、こちらの記事をご覧ください。

また、前回のAbstractのアップデートに関しては、こちらの記事にまとめてありますので、ご興味がある方はどうぞ。

今回のアップデートの内容

それでは実際に何がアップデートされたのかをご紹介します。
今回、大きく2つのものが変更されました。

  1. Abstract内のナビゲーションのUI
  2. プロジェクトを軸としたワークフローのUIの見直し

実際にUIを触りながら、記事を読みたいという方はこちらから最新のAbstractをダウンロードしてみてください。

ではそれぞれ見ていきます。

ナビゲーションの変更

ホーム画面にワークフローがスムーズになるような機能がいくつか追加された

左サイドバーのナビゲーション

今回のアップデートで、新しく左のサイドバーが追加されました。
こちらはAbstractの中のどの階層にいても付いてくるナビゲーションで、どこからでもワンクリックでAbstractのコアアクションを行うことができるように設置してあります。

デスクトップとWeb版でアクティビティフィードが見れる

チームのコメント、コミット、また新しく作ったブランチなどのアップデートをアクティビティとして一箇所で確認することができるようになりました。

このアクティビティフィールドはプロジェクトごとにフィルタリングしたりすることもできるので、どのプロジェクトでどういったことがおきているのか、把握しやすくなりました。

プロジェクトを軸としたワークフローのUIの見直し

「Project Overview」ではプロジェクトのマスターファイル、アクティブブランチ、活動履歴、プロジェクトの状況やリソースなどが見れるようになりました。

1. プロジェクトナビゲーション

先ほどご紹介した、左のサイドバーですが、プロジェクトの中に入るとプロジェクトの関連するメニューを表示するようになります。Overview, Master, ブランチ, メンバーなどを表示します。
また、Activeブランチがサイドバーにずっと表示されるようになったので、いくつかのブランチの間を行き来することがしやすくなりました。

2. マスターファイル

デザイナーもディベロッパーもまずはマスターファイルを確認してから作業する人もいるかもれません。新しいAbstractでは、マスターファイルが一番上に配置され、アクセスしやすくなっています。

3. アクティブブランチ

他のチームメイトがどういった作業をしているのか、一目でわかるようにアクティブブランチのリストが出るようになりました。ここから自分のブランチを開き、作業を進めることができます。

4. 最近の活動

こちらでは、コミット、コメントなどを含めたチームメイトの最近の活動が見れるようになりました。

5. About

Aboutのセクションでは、プロジェクトの概要や、外部のリソースなどを貼るためのスペースが設けられました。
Readmeのような感じで、マークダウン形式でプロトタイプやGithubのイシュー、ユーザーリサーチなどへのリンクが貼れるようになっています。

まとめ

以上、今回はAbstractに初の大型アップデートが出たので、一体何が変わったのか、どのように便利になったのかご紹介しました。

大型アップデート、とはいっても機能が大幅に増えた、というよりかは使いやすいようにUIの改善がされたというものです。

最新のAbstractはこちらからダウンロードできますので、ご興味がある方はどうぞ。

0

0

AUTHOR

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

アプリでもっと便利に!気になる記事をチェック!

記事のお気に入り登録やランキングが表示される昨日に対応!毎日の情報収集や調べ物にもっと身近なメディアになりました。

簡単に自分で作れるWebAR

「palanAR」はオンラインで簡単に作れるWebAR作成ツールです。WebARとはアプリを使用せずに、Webサイト上でARを体験できる新しい技術です。

palanARへ
palanar

palanはWebARの開発を
行っています

弊社では企画からサービスの公開終了まで一緒に関わらせていただきます。 企画からシステム開発、3DCG、デザインまで一貫して承ります。

webar_waterpark

palanでは一緒に働く仲間を募集しています

正社員や業務委託、アルバイトやインターンなど雇用形態にこだわらず、
ベテランの方から業界未経験の方まで様々なかたのお力をお借りしたいと考えております。

話を聞いてみたい

運営メンバー

eishis

Eishi Saito 総務

SIerやスタートアップ、フリーランスを経て2016年11月にeishis, Inc.を設立。 マーケター・ディレクター・エンジニアなど何でも屋。 COBOLからReactまで色んなことやります。

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

しまだ

しまだ デザイナー

WebAR/VRのデザインと3DCG制作がメインです。 肩書きは「アニメ案件に関わりたいデザイナー」。

Miu マーケター

ドイツでWEBマーケティングしています。

しんのき エンジニア

主に React Native を使ったアプリ開発と AWS や Firebase を使ったサーバーレスアーキテクチャを担当しています。元々はインフラとかPHPをやっていました。

yamakawa

やまかわたかし デザイナー

フロントエンドデザイナー。デザインからHTML / CSS、JSの実装を担当しています。最近はReact NativeやReact360をよく触っています。

furuya エンジニア

サーバーサイド、フロントエンド、Unityと色々手を出してる雑食系エンジニア。ReactNativeが最近のマイブーム。

Sayaka Osanai デザイナー

Sketchだいすきプロダクトデザイナー。シンプルだけどちょっとかわいいデザインが得意。 好きな食べものは生ハムとお寿司とカレーです。

はらた

はらた エンジニア

サーバーサイドエンジニア Ruby on Railsを使った開発を行なっています

うえまつゆい エンジニア

サーバーサイドエンジニアからフロントエンドエンジニアになりました。主にReact Nativeでのアプリ開発をしています。

kobori

こぼり ともろう エンジニア

サーバーサイドエンジニア。SIerを経て2019年7月に入社。日々学習しながらRuby on Railsを使った開発を行っています。

sasai

ささい エンジニア

フロントエンドエンジニア WebGLとReactが強みと言えるように頑張ってます。

damien

Damien

WebAR/VRを中心に企画やディレクションやエンジニアもちょっとやっています。森に住んでいます。

デザイナーゲスト

ゲスト デザイナー

CONTACT PAGE TOP