1. ホーム
  2. Sketch
  3. 【Sketch】Abstractアップデートまとめ

【Sketch】Abstractアップデートまとめ

目次

  1. はじめに
  2. バージョン64.7のアップデート内容
  3. まとめ

はじめに

本記事ではバージョン管理ツール、Abstractのアップデート内容についてご紹介します。
そもそも、Abstractについて知りたい!という方はこちらの記事をご覧ください!

【Sketch】デザインをgit管理する!Abstract

今回のバージョン64.7のアップデートはバグ修正だけではなく、新しい機能もいくつか追加されたので、そちらを中心的にご紹介いたします!

バージョン64.7のアップデート内容

今回のバージョン64.7アップデートでは以下の機能が追加されました。

  • Sketch48の色空間の対応
  • バージョンごとのアートボード詳細でデザインの変更がサイド-バイ-サイドで確認できる。
    • アートボードの詳細で、「Compare」というタブを選択すると、前のベージョンと新しいバージョンのアートボードを比較することができます。また、それぞれのアートボードにズームすることもできます。
    • さらに下の「Overlay」というタブをクリックすると変更したデザインを上にオーバーレイすることもでき、コミットした際に何が変わったかがさらにわかりやすくなりました。

  • Web上でSketchファイルが開けるようになった。AbstractはMacにアプリをインストールし、使うこともできますが、実はブラウザでも使用できるようになっています。今まで、こちらのブラウザ上のAbstractから直接Sketchファイルを開くことはできませんでしたが、本アップデートの後にこちらが可能になりました!

  • Sketch Runnerに対応した

    • Abstract 0.64.8から、Sketch Runner (Cmd + ')で commitと打つことにより、Abstractのコミットができるようになりました。
      https://blog.goabstract.com/compare-mode-open-files-from-web-more-dab5346a7028
  • プレビューの詳細のローディング時間が短縮された
  • まとめ

    以上、今回はバージョン管理ツール、Abstractのアップデート内容についてご紹介しました。
    今回のアップデートはバージョンの比較モードやSketch Runnerのサポートなどバグ修正だけでなく、様々な機能も追加されたので、注目を浴びましたね。

    最後に、Abstractでできることや、その使い方やについて知りたい!という方はこちらの記事をご覧ください!

    【Sketch】デザインをgit管理する!Abstract

    この記事は
    参考になりましたか?

    PAGE TOP