2017年12月25日

デザイン

【Sketch】Sketch48アップデートの変更点まとめ

目次

  1. はじめに
  2. 色空間
  3. 色の検索置き換え
  4. Sketch Cloudからドキュメントのダウンロード
  5. シンボルの大きさ変更
  6. まとめ

はじめに

本記事ではSketch47から48にアップデートされた際の機能変更についてご紹介します。
現在、48.1のバグ修正がされたものがすでにインストールできますので、ぜひ新しい機能を試してみてはいかがでしょうか?

2017年10月のSketch47へのアップデートで変更された機能:
– SketchドキュメントがsRGBとDisplay P3の2つの色空間で表示、書き出しを行うことができるようになった
色の検索置き換えが追加された
– Sketch Cloudからドキュメントをダウンロードできるようになった
– シンボルインスタンスの大きさをマスターシンボルに影響を及ぼすことなく変更することができるようになった
– そのほか細かいバグ修正

色空間

デザイナーは今までsRGBという色空間でデザインをすることが多かったですが、多彩な色を表現できる広色域ディスプレイの普及により、様々なデバイるやディスプレイに対応するデザインが求められるようになってきました。

そこで、Sketchはバージョン48でDisplay P3という色空間もサポートしました。

そこまで色にこだわる必要がない方は、そのままSketchのデフォルトの色空間で作業すればokです。

ただし、色空間をもっとカスタマイズしたい方は、Preferences > General > Color Profile からsRGB, Display P3へと色空間の変更ができます。

また、すでに作業中の方は File > Change Color Profile からも同じことができます。

色空間とその管理に関する詳しい情報は、Sketchの公式ドキュメントをご覧ください。

色の検索置き換え

色の検索置き換えの機能はたくさんのユーザーから要望として挙げられていた機能のようですが、Sketch 48でついにできるようになりました!

私自身、全ての画面をデザインし終わった後に、クライアントから色の変更を要求され、全ての色を変更するという地味な作業に頭を悩ませた時もありました。

こちらの色の検索置き換えの嬉しい機能の1つとして、透明度なども考慮されるということがあります!

詳しくはこちらの動画をご覧ください。

1点問題としては、置き換え先の色を選ぶ時にHEXコードで選べないので、似たようなグレーや黒の色をいくつも使っていると、どの色が置き換えられるのかがわかりにくいという難点があります。

とはいえ、最初に選んだレイヤーの色が自動的に入るようになっているので、似たような色がいくつもある場合は、レイヤーを選択してから色の検索置き換えをすると間違いないと思います。

ちなみに、色の検索置き換えのショートカットは Alt + Cmd + F です。もしくは、 Edit > Find and Replace Color でも使用することができます。

Sketch Cloudからドキュメントのダウンロード

本アップデートでSketch Cloudにシェアしたドキュメントはプレビューではなく、実際にクラウドにアップロードされるようになりました。

これにより、デザインをシェアした人全員がSketchのドキュメントをダウンロードし、開くことができるようになりました。

この機能はドキュメントをSketch Cloudにアップロード後、「Allow this document to be downloaded」というチェックボックスにチェックを入れていただければ使えるようになります。

シンボルの大きさ変更

本アップデートにより、シンボルインスタンスの大きさをマスターシンボルに影響を及ぼすことなく変更することができるようになりました。

シンボルインスタンスの大きさを変えるには、Scaleコマンドでリサイズする大きさを記入すれば、okです!

特に、Sketchライブラリでコンポーネント管理をしている方は、元のシンボル自体は変えずに、インスタンスの大きさを変更することができるので便利です!

その他、ライブラリのシンボルをドキュメント間でコピーアンドペーストしても、元のライブラリにリンクされるようになったり、細かいバグ修正がいくつか行われたみたいです。

まとめ

以上、今回はSketch48アップデートの変更点をご紹介しました。

色などで気になるアップデートがいくつかされたのと、前回のアップデートで追加されたSketch Librariesを使う際に役立ちそうなシンボルインスタンスのリサイズなども追加されたので、ぜひ使ってみてください!

前回のSketchアップデートの詳しい内容は、ベーグリー内のこちらの記事をご覧ください。

【Sketch】Sketch47アップデートの変更点まとめ

さらに詳しく本アップデートについて知りたい方はSketchの公式ブログをご覧ください。
Color Management, Sketch Cloud updates and Symbol Scaling in Sketch 48

0

0

AUTHOR

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

アプリでもっと便利に!気になる記事をチェック!

記事のお気に入り登録やランキングが表示される昨日に対応!毎日の情報収集や調べ物にもっと身近なメディアになりました。

palanでは一緒に働く仲間を募集しています

正社員や業務委託、アルバイトやインターンなど雇用形態にこだわらず、
ベテランの方から業界未経験の方まで様々なかたのお力をお借りしたいと考えております。

話を聞いてみたい

運営メンバー

eishis

Eishi Saito 総務

SIerやスタートアップ、フリーランスを経て2016年11月にeishis, Inc.を設立。 マーケター・ディレクター・エンジニアなど何でも屋。 COBOLからReactまで色んなことやります。

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

しまだ

しまだ デザイナー

WebAR/VRのデザインと3DCG制作がメインです。 肩書きは「アニメ案件に関わりたいデザイナー」。

Miu マーケター

ドイツでWEBマーケティングしています。

しんのき エンジニア

主に React Native を使ったアプリ開発と AWS や Firebase を使ったサーバーレスアーキテクチャを担当しています。元々はインフラとかPHPをやっていました。

yamakawa

やまかわたかし デザイナー

フロントエンドデザイナー。デザインからHTML / CSS、JSの実装を担当しています。最近はReact NativeやReact360をよく触っています。

furuya エンジニア

サーバーサイド、フロントエンド、Unityと色々手を出してる雑食系エンジニア。ReactNativeが最近のマイブーム。

Sayaka Osanai デザイナー

Sketchだいすきプロダクトデザイナー。シンプルだけどちょっとかわいいデザインが得意。 好きな食べものは生ハムとお寿司とカレーです。

はらた

はらた エンジニア

サーバーサイドエンジニア Ruby on Railsを使った開発を行なっています

うえまつゆい エンジニア

サーバーサイドエンジニアからフロントエンドエンジニアになりました。主にReact Nativeでのアプリ開発をしています。

kobori

こぼり ともろう エンジニア

サーバーサイドエンジニア。SIerを経て2019年7月に入社。日々学習しながらRuby on Railsを使った開発を行っています。

sasai

ささい エンジニア

フロントエンドエンジニア WebGLとReactが強みと言えるように頑張ってます。

damien

Damien

WebAR/VRを中心に企画やディレクションやエンジニアもちょっとやっています。森に住んでいます。

デザイナーゲスト

ゲスト デザイナー

CONTACT PAGE TOP