2018年4月27日

プログラミング

顔検出のJavaScriptライブラリ、pico.js【今日のGitHubトレンド】

目次

  1. はじめに
  2. pico.jsの使い方
  3. まとめ

はじめに

PWAやWebVRやWebARなど、最近はブラウザ上でもアプリと遜色ない体験ができるようになってきました。
今回ご紹介するのは、PCやスマホのカメラを使用し、顔をリアルタイムで検出してくれるJavaScriptのライブラリ、pico.jsです。
こんな形で、カメラを起動すると円で顔をリアルタイムで検出し追い続けてくれます。
Image_uploaded_from_iOS.png (239.6 kB)

pico.jsの使い方

pico.jsを実際に使ってみましょう。

では、まずリポジトリをcloneします。
git clone git@github.com:tehnokv/picojs.git

pico.jsの中身ですが、実はこんな高度をしていますが200行ほどのJavaScriptで構成されています。
pico.jsの中身

cam/index.html の中身を見ていきましょう。

var cascadeurl = 'https://raw.githubusercontent.com/nenadmarkus/pico/c2e81f9d23cc11d1a612fd21e4f9de0921a5d0d9/rnt/cascades/facefinder';
            fetch(cascadeurl).then(function(response) {
                response.arrayBuffer().then(function(buffer) {
                    var bytes = new Int8Array(buffer);
                    facefinder_classify_region = pico.unpack_cascade(bytes);
                    console.log('* cascade loaded');
                })

ここでカスケードファイルを取得して展開しています。
カスケードファイルは、学習用の情報データと思ってください。
それをpico.js内のunpack_cascadeメソッドで展開しています。

そこからカメラから取得した情報をインプットとし、学習データから顔の範囲を算出し、canvasで円をその範囲で描いている、という仕組みです。

具体的にcanvasの円の部分を指定しているのはこちらです。
このパラメータをもとにビデオの画像にcanvas.jsでかぶせています。

ctx.beginPath();
ctx.arc(dets[i][1], dets[i][0], dets[i][2]/2, 0, 2*Math.PI, false);
ctx.lineWidth = 3;
ctx.strokeStyle = 'red';
ctx.stroke();

例えば ctx.strokeStyle = 'blue'; としてみましょう。
2018-04-27_1_32_18.png (195.6 kB)
するとこのように青の円になりますね。

まとめ

pico.jsを使用することで、気軽にWeb上に顔認識の仕組みを実装することができます。
今回はカメラの映像をリアルタイムで検出する形でしたが、任意の画像や映像をそのリソースとすることもできます。

例えばWeb上で特定の写真に何人がいるかを検出するシステムを作ったり、動画からリアルタイムで人がどこにいるかわかるシステムを作るなど、様々な使い方が考えられます。
pico.jsのデモはこちらにあるので、ぜひ試してみてください!

0

0

AUTHOR

eishis

Eishi Saito 総務

SIerやスタートアップ、フリーランスを経て2016年11月にeishis, Inc.を設立。 マーケター・ディレクター・エンジニアなど何でも屋。 COBOLからReactまで色んなことやります。

アプリでもっと便利に!気になる記事をチェック!

記事のお気に入り登録やランキングが表示される昨日に対応!毎日の情報収集や調べ物にもっと身近なメディアになりました。

eishisでは一緒に働く仲間を募集しています

正社員や業務委託、アルバイトやインターンなど雇用形態にこだわらず、
ベテランの方から業界未経験の方まで様々なかたのお力をお借りしたいと考えております。

話を聞いてみたい

運営メンバー

eishis

Eishi Saito 総務

SIerやスタートアップ、フリーランスを経て2016年11月にeishis, Inc.を設立。 マーケター・ディレクター・エンジニアなど何でも屋。 COBOLからReactまで色んなことやります。

sasakki デザイナー

アメリカの大学を卒業後、日本、シンガポールでデザイナーとして活動。

しまだ

しまだ デザイナー

WebAR/VRのデザインと3DCG制作がメインです。 肩書きは「アニメ案件に関わりたいデザイナー」。

Miu マーケター

ドイツでWEBマーケティングしています。

しんのき エンジニア

新しい技術が好きなWebエンジニアです。 元々インフラやPHPをやっていたのですが、最近はReact NativeとFirebaseを使って頑張ってます。

yamakawa

やまかわたかし デザイナー

フロントエンドデザイナー。デザイン・HTML/CSSマークアップ・JSアニメーション実装を担当しています。

furuya エンジニア

サーバーサイド、フロントエンド、Unityと色々手を出してる雑食系エンジニア。ReactNativeが最近のマイブーム。

Sayaka Osanai デザイナー

Sketchだいすきプロダクトデザイナー。シンプルだけどちょっとかわいいデザインが得意。 好きな食べものは生ハムとお寿司とカレーです。

はらた

はらた エンジニア

サーバーサイドエンジニア Ruby on Railsを使った開発を行なっています

うえまつゆい エンジニア

サーバーサイドエンジニアからフロントエンドエンジニアになりました。主にReact Nativeでのアプリ開発をしています。

CONTACT PAGE TOP